音楽グループのGReeeeNが11月27日にCD発売した新曲『僕らの物語』が、iTunesのウィークリートップソング(11月18日~11月24日)で1位を獲得した。

 また、YouTubeで20日より先行公開しているミュージックビデオ(MV)は、公開1週間で再生回数150万回を超えた。公開36時間時点で既に再生数90万回を超えており、YouTubeの再生回数の上がり方では、過去のGReeeeNのMVでも最も初動が速いものとなっている。

 YouTubeのコメント欄をのぞくと「最近嫌なことばっかで、ほんと死んじゃいたいって思ってた。自分なんていらんって思ってた。でも変えてくれた。生きてていいんだ。ありがとう。いじめにあったりして一度でも少しでも『もう生きたくない』と思った人にとって、とても共感できる曲だと思う!」など、背中を押されるような、ポジティブなニュアンスのコメントが多い。

 『僕らの物語』は、GReeeeNがイメチェンしたかと思われる様な、高速BPMの激しいドラムとラウドなロックギターが交錯するメタルテイストのサウンドに乗せて、「いじめ」など社会や学校で戦う人達すべてに送る、「絶対あきらめない」という意思の大事さを込めた、GReeeeNからの応援歌。

 2007年のデビュー以来、一貫して実像を見せずに楽曲のみで勝負してきた世界にも類を見ないアーティスト、GReeeeN。関係者の話によれば、近作ではファン層の若返りも起こっており、若い配信層の取り込みも進んでいるという。