<写真>復帰後初のライブで熱唱する華原朋美(2013年11月16日)

復帰後初のライブで熱唱する華原朋美。第一声は「本当に今日はみんなに会えて嬉しい」

 歌手の華原朋美(39)が14日、復帰後初となる単独コンサート「DREAM ~TOMOMI KAHARA CONCERT 2013~」を東京・青山劇場で開催した。

 約7年ぶりとなる今回の単独コンサート。待ちに待った公演とあって、会場には早くから多くのファンが詰め掛けた。

 復帰を果たし、念願だった単独コンサートのステージに立った華原は「本当に今日はみんなに会えて嬉しい」とコメント。会場からは大きな歓声が起こり、それに感動した華原が思わず涙ぐむ場面も見られた。

 これまでの人生を振り返って「20代は芸能人になれて本当に嬉しかった。けど、何もかもなくなって、生きてる価値がないって自分で自分をすごい責めたりして。それでもどこかに必ず光があった」と語った。

 更に「私はこういう立場だから、不器用だし隠せないから、皆に見てもらって来たんだなって、それさえも感謝の気持ちになれて。ダメな人生でよかったなって思うときもすごくあります」と素直な心境を吐露した。そして「まだ終わりじゃないし、スタートなんだってまた思えるようになりました。だから、何度も何度も休んだり、歌ったり、繰り返して皆を振り回したかもしれないけど、でも、これが今の私です」と話した。

 この日、11月13日にリリースされたばかりのセルフカバー・ベストアルバム「DREAM -Self Cover Best- Premium Edition」(完全生産限定プレミアム・エディション盤)に収録されている「アメイジング・グレイス」や「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」をはじめ、大ヒット曲「I’m proud」や「I BELIEVE」など全18曲を熱唱。力強くなった彼女の歌唱力でさらに輝きを増した名曲たちに、観客たちは一様に魅了されていた。

 最期に「今日の日のことは、皆と私の思い出です。絶対忘れません」と語った。まさに“完全復帰”と呼ぶにふさわしい舞台を飾った。