10月24日スタートのTBS系ドラマ「彼岸島」(毎週木曜深夜)のオープニングテーマに、AI(31)の「TOP OF THE WORLD」が決定、オープニングに相応しいドラマのスリリングな高揚感を演出している。

 原作は、累計560万部を超え、日本のみならず韓国、台湾、タイなどのアジアでも人気を博した、松本光司原作の同名コミック「彼岸島」(講談社刊)。理屈なし、問答無用で襲ってくる恐怖に打ち勝つ人間の底力と絶望感からくるギリギリのスリルを描くことで、ゲーム世代で育った10代~30代のユーザーの心を強く掴んで離さない大ヒットコミック。日本映画界を代表する監督、三池崇史氏が総監修を務め、脚本、演出には映画界で活躍する期待のクリエイター達がこの人気コミックの実写化に挑む。

 現在公開されているオープニング映像を制作したのは、『アニメ ジョジョの奇妙な冒険』のオープニング映像を手がけ、「CEDEC AWARDS 2013受賞 ビジュアル・アーツ部門最優秀賞」を受賞した、アニメスタジオ・神風動画。東大医学部卒の医師とアニメーション界の異端児による異色のタッグにより、「人が吸血鬼化する過程」を医学的根拠に乗っ取って描いた斬新なオープニング映像を、AIの楽曲「TOP OF THE WORLD」にのせて、その一部を放送に先駆けて見れる。

 オープニングテーマに決まったAIは「実は私、ゾンビとか吸血鬼系の映画も良く観るんです!ドキドキしながら観るのがたまらないです。私の『TOP OF THE WORLD』で、ドラマが始まる事を楽しみにしています!」と話している。