歌手でタレントの矢口真里(30)が芸能活動を休止することが分かった。13日、所属事務所を通じて発表したもので「自分なりに色々と考え、事務所とも何度も話し合った結果、しばらくの間お休みを頂くことにしました」とコメントしている。休止期間については明確していない。

 矢口は、自宅での不倫発覚騒動後、体調不良を理由に公の場に姿を見せず、レギュラー番組などは全て降板になるなど、事実上の芸能活動休止状態にあった。また、夫で俳優の中村昌也(27)とも離婚した。

 この日、事務所を通じてコメントを発表した矢口は冒頭、謝罪の言葉を添えた上で「皆さんから、凄く優しくて、温かい言葉をかけ続けていただきました。こんな私を支えてくださりありがとうございます。心より感謝致します。自分なりに色々と考え、事務所とも何度も話し合った結果、しばらくの間お休みを頂くことにしました」と説明。

 更に「このお休みは、また皆さんの前に元気な姿をお見せする為にいただいた貴重な時間だと考えていますので、日々大事に過ごしていきたいと思います。またお仕事を再開できる日まで、どうか温かく見守って頂けると嬉しいです」と、芸能活動の継続は視野に入れているようだ。