<写真>奥田民生 9月に待望のニューシングル「風は西から」をリリースし、10月から全国ツアーを敢行する奥田民生の約1000日振りとなるオリジナル・アルバム「O.T Come Home」が11月27日にリリースされることが決定した。
 このアルバムは、都心の喧騒から離れた、ゆったりとした空気の流れる土地に立地するスタジオに腰を据え、数々のヴィンテージ機材をふんだんに使用して制作された。
「拳を天につき上げろ」「風は西から」を含む全13曲が収録されるが、収録されている楽曲全て奥田民生が1人で演奏・レコーディングして完成したアルバムとなっている。
奥田自身、ライブハウスで一人で全ての楽器を演奏しレコーディングするレコーディングライブツアー「奥田民生ひとりカンタビレ」や、そのツアーで制作した楽曲をまとめたアルバム「OTRL」、更に9月にリリースされたシングル「風は西から」の限定盤では演奏した全ての楽器のMIX前のデータをCD-ROMに収録など、全ての楽器を演奏し一人だけで楽曲を作るというスタイルでは数々の画期的な試みをしてきたが、オリジナル・アルバムとしては今回が初めての作品となる。
初回生産限定盤はアナログサイズのプレミアムBIGジャケット仕様。
Limited Editionバックステージパスやギターピック、完全撮り下ろし写真10枚などがついた超豪華仕様となっている。
初回特典DVDには今年行われた"JOIN ALIVE 2013"ライブ映像、「拳を天につき上げろ」Music Clipも収録。
今回もまた、キャリアの深みを注ぎ込んだ素晴らしいアルバムに仕上がっているということなので、ぜひツアーと共に楽しみにしていてほしい。