<写真>ROYALcomfort 2013年8月7日に初の流通盤フルアルバム『ROYAL ROAD 02』をリリースしたROYALcomfortが活動3年、脱サラしてわずか1年にして、初ワンマンライブ<ROYALcomfort ワンマンライブ~遅咲きの花は必ず咲く!!~>を、9月7日に梅田CLUB QUATTROで開催し、インディーズでは異例の600人を動員した。
 この日のチケットはソウルドアウト。600人の観客が会場に駆けつけ、開場1時間前から長蛇の列を作った。巨大スクリーンに投影された紹介映像が流れ、「Intro」が流れると大歓声に包まれながらメンバーが登場。
 1曲目「Far Away」でライブがスタートし、「Glorious days」、「LA LA LA TOGETHER」と最高の盛り上げナンバーが続くと、場内の温度は瞬く間に沸点へ届いた。 その後、「たまにはいいだろう」、「Sunday Morning」を会場全員で踊り、歌い上げると、 畳み掛けるようにファンの間でTOP3に入る人気曲「夜風」、初めてのゲストMayuを迎えての「さよならの先に feat. Mayu」を披露。会場全体が一体となった。泣ける恋愛ソングとしてファンの間で大人気の楽曲。「つまり君が」「君に好きと伝えよう」をアコースティックVerで披露すると今日一番の拍手に包まれた。
 続いて、彼らのプロデュースも手がけるNAOが登場し、「It’s High Time feat. NAO」を披露。NAOが引き続きキーボードを演奏し、MBS系列「ロケみつ ザ・ワールド」「MUSIC EDGE +Osaka Style」のエンディングテーマにもなった両親に向けた感謝の歌「いつまでも」を歌うと感動も最高潮に!ライブ後半には、ファンの為に作った「Treasure」、ファンの背中を押してくれる「Your Way」を歌い上げ、大盛況のまま本編は終了した。
 アンコールでは、ワンマンライブのタイトルにもなっている遅咲きの花「Late Bloomers」を唄い、最後は出演者も全員ステージに上がって「旅立ち」をファンと一体になって踊り、路上ライブで出会ったファンやチケットを購入して頂いた数多くの写真で綴ったエンドロールが流れる中、ステージを締めくくった。
 最後にリーダーのBGYは「これからも最高の景色を最高のファミリーと一緒に見て行きたいです!いつまでもついてきてください!絶対、もっとデカイステージに連れていきます!」とファミリーに誓った。
 ROYALcomfortはこの日、12月13日にFANTAGROUPとの2マンライブを梅田Zeelaで行う事も発表している。
 今後は路上出身アーティストの代表として、大阪を中心に全国各地で路上ライブを行い、全国のファミリーの笑顔を1000人集める特別キャンペーンを敢行する!この先の彼らの快進撃からは目が離せない!