<写真>FAKY m-flo、EXILE、倖田來未等錚々たるアーティストが所属することで知られる、エイベックスが運営する名門レーベル“rhythm zone (読み : リズムゾーン)”からデビューが発表されたニューガールズグループ“FAKY (読み : フェイキー)”が、今月1日(日)に東京 : 味の素スタジアムで行われた「a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー」東京公演に出演し、新人とは思えぬ圧巻のパフォーマンスで自身のステージデビューを華々しく飾った。
 この日FAKYはオープニングアクトとして「a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー」のステージに初出演。すでにYouTube上でMusic Videoが公開され、20万回以上の再生回数を記録しているアッパーなEDMナンバー「Better Without You」をスペシャルバージョンで披露した他、Official Website( http://www.faky.jp )で事前告知がなされていたパワフルでストイックな新曲「Girl Digger」を初歌唱。自身初となるライブステージにも関わらず、その強烈な歌唱力と見ごたえのあるダンスパフォーマンスがいかんなく発揮されたライブは、当日FAKYを目当てに訪れた来場者のみならず、訪れたすべてのリスナーに大きなインパクトを残したに違いない。
 a-nationという大舞台で初のライブステージを見事成し遂げ、今回そのアーティストとしてのポテンシャルを大いに見せつけたFAKY。「海外に向けても活動していきたい」と話していた彼女達が今後どのように動きを見せてくれるのか、その続報に要注目だ。