<写真>GILLE GILLE(ジル)とFis block(フィス・ブロック)の2組が、8月23日(金)、東京・マルイ北千住店の特設ステージにて「サマー・スペシャルライブ~明日の光をつかめ2013夏~」を開催した。
 GILLEとFis blockは、現在好評放送中の東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラ「明日の光をつかめ -2013 夏-」の主題歌とエンディングテーマをそれぞれ担当している2組。「明日の光をつかめ -2013 夏-」は、今年7月から放映されている昼ドラで、少年少女の純粋な恋、心震える友情、そして生きる事の光と影を描いた感動の物語で、今作でシリーズ3作品目となる人気ドラマだ。
 そのため、イベントのタイトルも「サマー・スペシャルライブ~明日の光をつかめ2013夏~」。現在、大きな注目を集める2組の競演とあり、この日は平日の昼間にも関わらずステージ前には多くの人が集まった。
 最初に登場したのは、男性3人組ダンス&ヴォーカルグループ・Fis block。観客はもちろん、道行く人も巻き込んで盛り上がるステージングに、会場のテンションは一気に急上昇した。
 メンバーのSoulは「明日の光をつかめ -2013 夏-」について「このドラマは、諦めないことや命の大切さを伝えてくれる本当にいいドラマ」とコメント。またそのエンディングテーマになっている「Don’t give up」に対しては「僕は自分達の曲のことを言葉で伝えるのはあまり得意じゃないので、歌うことで気持ちを伝えられたらと思います」と語った。Fis blockは、新曲「Don’t give up」を含む計4曲を披露。「絆」を大切にしているアーティストらしく、観客全員と一体になるパフォーマンスで集まった人達を魅了していた。Fis blockは、10月から、東京・大阪・福岡にてGiselle4との2マンライブも決定している。
 そして、次に登場したのはGILLE。GILLEは「明日の光をつかめ -2013 夏-」の主題歌となっている自身の曲「HIKARI」について「みんなにぐっと思いが届けばいいなと考えながら、何度も作り直した曲です」と強い思い入れがある曲であることを語った。この日は新曲「HIKARI」を含む計3曲を披露。その力強くダイヤモンドヴォイスとも評される歌声に、買い物客も足を止め聴き入る姿が多く見られた。
 GILLEは、9/4に大ヒットを記録した英語カバーアルバムの第2弾「I am GILLE.2」がリリースされることも決定しており、その中で、ももいろクローバーの「行くぜっ!怪盗少女」やゴールデンボンバーの「女々しくて」など話題曲を英語カバーすることでも大きな話題を呼んでいるが、新たにアルバム収録曲からサカナクションの「アルクアラウンド」のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開されている。なお、今回のGILLEのカバーがサカナクション初のオフィシャル・カバー。彼らの存在を大きくアピールすることとなった楽曲を彼女ならではのアプローチで聞かせているミュージック・ビデオは必見だ。