<写真>B.A.P 韓国の男性6人組アーティストB.A.Pが、今年5月、大成功を収めた日本での初公演を含むアメリカ・アジア計8箇所をまわったツアー「LIVE ON EARTH PACIFIC」のファイナル公演を、8月17日・18日の両日、韓国・ソウルのオリンピック公園オリンピックホールにて開催した。
 この日は、全世界を駆け巡ったツアーのファイナル公演ということもあり、10代を中心とした韓国のファンはもちろん、多くの日本から訪れたファンまた、ヨーロッパ、アメリカなど欧米人の姿も多く見られ、その人気の幅広さが感じられた。
 オープニングでは、地上に降り立つ宇宙船からメンバー6人が登場。その途端、会場からは悲鳴ともつかない黄色い歓声が沸き起こった。
 この日は、デビュー曲「WARRIOR」、ヒット曲「POWER」など、アンコールを含め計21曲を披露したB.A.P。彼らの特徴とも言うべき、HIP HOPを中心とした骨太サウンドと完成度の高いパフォーマンスはのっけから全開で、ヴォーカルのデヒョン、ヨンジェ、光速ラップの最年少・ゼロ、ダンスチームのジョンアプとヒムチャン、そして絶対的リーダーであるバン・ヨングクからなる圧巻のステージは、世界中から集まった観客を強く魅了し続け、ワールドツアーのファイナルに相応しい盛り上がりでその幕を下ろした。
 今年10月には、「WARRIOR」の日本語Ver.にて日本デビューを飾ることが発表されているB.A.P。本国韓国でもデビュー曲としてリリースされたこの楽曲は、Music Videoは約1000万回再生を数え、デビューと同時に彼らを韓国音楽界のトップクラスに引き上げた、まさにB.A.Pの代名詞的楽曲だ。また、デビュー直後の11月からは異例の日本アリーナツアーも決定しており、その注目度の高さが伺えることだろう。
 ワールドツアーという大きな山を乗り越え、一回りも二回りも成長を遂げたB.A.P。これからの彼らの活躍からも目が離せなくなりそうだ。