<写真>超新星 韓国出身の6人組人気ダンスヴォーカルユニット・超新星が、8月14日(水)、神奈川県・横浜アリーナにて「2013 CHOSHINSEI FAN MEETING "THANK YOU"」を開催した。
 2011年10月より兵役のため活動を休止していたリーダー・ユナクが、先月24日に除隊。6人での活動再開を記念して開催されたこのファンミーティングには、兵役の間待ち続けたファンが全国から約1万2千人駆けつけた。
 照明が落とされると、スクリーンに映し出されたメッセージと共に、会場全体がリーダー・ユナクを迎えるために作られた新曲「おかえり。」を大合唱。そして、その歌声に出迎えられるかのように、リーダー・ユナクが中央から一人登場すると、客席からは悲鳴とも取れるような大歓声が沸き起こった。
 ユナクのソロステージから、約2年ぶりに6人揃ってのパフォーマンスにファンの盛り上がりはオープニングから最高潮。
 トークコーナーでは、ユナク兵役中の様子や、その間の超新星の活動がVTRと共にメンバー達によって語られ、笑いの絶えないアットホームな雰囲気に包まれながらこの2年間を振り返った。
そしてユナクは手紙を取り出すと「2年間、超新星を守ってくれてありがとう。好きでいてくれてありがとう。大好きです。」と、活動休止前の最後に行ったファンミーティングでの約束を守り続けてくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。その言葉に会場には感動の涙を流すファンの姿も多く見られた。
 この日は、5人で活動していた期間に発表された「She's Gone」の6人ver.や、ライブの定番曲となっている「今すぐ君に届けたい」など、計11曲を披露した超新星。そして、先日リリースされ、オリコンデイリーランキング第2位を獲得した新曲「WINNER」もお披露目された。ロックテイストのギターが印象的なサウンドに、コリオグラフィーを世界的ダンサーの仲宗根梨乃が担当したクールでエッジーなダンスで大きな話題を呼んでいるこの曲のパフォーマンスを披露するのはこの日が初めて、ということで会場からはより大きな歓声と掛け声が起こり、この日一番の盛り上がりを見せていた。
 9月からは11都市17公演に及ぶ待望の全国ツアー「超新星LIVE TOUR 2013“Party”」を敢行する超新星。ファンミーティングの最後にグァンスが「ユナクも戻ってきて、これからが超新星の第二幕です。これから始まるツアーも是非期待してください」と意気込みを語った通り、6人となりさらにパワーアップした彼らの今後から目が離せなくなりそうだ。