キマグレンがプロデュースを務める海の家「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」(神奈川県・逗子海岸)が今夏をもって閉鎖することが分かった。逗子海岸では風紀乱れや周辺の騒音などが問題となっており、行政側は、安全対策の一つとして音楽規制強化を検討する方針を明らかにしていた。

 キマグレンの「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」は2005年に、“自分が子供だった頃のように、海までの道が活気に溢れる元気な街になってほしい”という想いで開店。今年で9年目を迎えた。関係者は「2014年夏、本来なら皆様と10周年を逗子海岸で盛大に祝いたかったのですが、このようなご報告となってしまい本当に残念に思います」と語っている。

 運営を行なってきた代表者は「ここで身を引くことが最後のメッセージ。この事が未来の逗子海岸のためになると僕らは信じています。また違った形で近い将来皆様にお会いできることを楽しみにしています」と再会を誓った。「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」は9月1日、キマグレンの出演でその歴史に幕を閉じる。