<写真>Julie ETBが国際プロデュースを手がける、女性シンガーJulieのミュージック・ショート・フィルム「Julie / Johnny guitar」が、第8回札幌国際短編映画祭(9月11日~9月16日)インターナショナル・コンペティション部門に選出された。
 監督は、ETBのアートディレクターも務める、イタリアwelcome to my mondoのエンリコ・チック。「先日、はじめて札幌に訪問し、自然と都市機能の融合はまさにクリエイターにとって最適な環境だと感じた。その札幌で国際的にも有名な映画祭にノミネートされたことは、言葉にならないほど嬉しく、栄誉なことである。」と感激のコメントを寄せた。
 本作品は、BOOWY、布袋寅泰を手がけたIRc2、糟谷銑司プロデューサーとソーシャル時代に新しい国際的な音楽ビジネスを展開するETBの殿木プロデューサーによる、イタリアの気鋭クリエイティヴ集団、Welcome to my Mondoとの国際展開プロジェクト(Lookalization Project)によるもの。