<写真>Superfly J-WAVE開局25周年のアニバーサリーソングをSuperflyが担当する事が決定した。楽曲のタイトルは再出発を意味する、『Starting Over』。8月1日からJ-WAVEが独占でオンエアするこの楽曲は、SuperflyがJ-WAVEのために書き下ろした楽曲となる。6万人を動員した全9公演のアリーナツアーを終え、この楽曲の制作に入った。
 今回、本人がこの『Starting Over』に込めた想いを語っている。
 「J-WAVEの開局25周年アニバーサリーソングとして、『Starting Over』という曲を書き下ろしました。歌詞がしっかりとリスナーのみなさんに届く曲にしたかったので、いまの自分の心境と素直に向き合って表現した作品になっています。いまSuperflyはデビューから7年目なんですが、これまでの日々を振り返ってみると幸せだったことも大変だったこともたくさんあって。ひとつのことをまっすぐに続けることができて楽しい反面、それこそ音楽に嫌われちゃったのかなって思うほどツライこともありました。そんな喜んだり後悔したりの日々を思い返しながら、これから先も自分の大切なものを見失わずに、信念を持って生きていきたいという気持ちを精一杯込めて作りました。みなさんお仕事や勉強、家庭のことなど、忙しくいろんなことをがんばっていると思うんです。きっと楽しいことばかりではなく、悩むことやネガティブになることもあるはず。そんな状況でも、ラジオでこの曲を耳にしたときにちょっと気がラクになって、前を向いてもらえたらいいなと思っています」
 8月1日からJ-WAVEで先行オンエアされるので是非チェックして頂きたい。