<写真>超新星 超新星のリーダー・ユナクが、7月24日(水)、1年9ヶ月の兵役を終え、除隊した。
 この日、除隊式の場となった京畿道龍仁市(キョンギド ヨンインシ)の陸軍3軍司令部では、その瞬間を見守ろうと駆けつけた日本のファンを中心に、報道陣も駆けつけるなど、約2000人あまりの人が辺りを埋め尽くし、その人気の高さを見せ付けた。
 午前10時頃行われた除隊式で、無事除隊を迎えたユナクは、「雨という天気の中、たくさんのファンの方々が来てくださって感謝します。軍隊では本当に多くのことを感じました。僕がいない間、(他メンバー)5人が凄く成長しているので、今日から休まずレッスンして5人に追いつきます。メンバーたちに「ありがとう」と伝えたいです。8月からまた6人で頑張ります。これから韓国とアジアで一生懸命に超新星として活動したいと思います。」とコメント。兵役の間も変わらず応援してくれたファンと支えてくれたメンバーに対する感謝の気持ちを滲ませていた。
 愛知大学を卒業し、メンバーの中でも一番日本語が上手いユナク。韓国メディアの取材に対しても、つい日本語で答えてしまう一面も見せ「(除隊したばかりで)今、頭が真っ白で!(笑)」と取材陣を笑わせた。
 ユナクは2011年10月京畿道議政府(キョンギド ウィジョンブ)306補充隊を通じて入隊、3軍司令部内の軍楽隊で軍楽兵士として服務してきた。
 除隊式には、残る5人のメンバーも駆けつけ、久々に6人揃った姿をみせた。ユナクの元気な姿を目の当たりにして、嬉しさのあまり涙するファンが続出し、辺りは感動と歓喜に包まれていた。
 ユナクはこの後すぐにメンバーと合流。韓国でのファンミーティングで、約2年ぶりにファンとの交流を楽しんだ。
 8月7日にはニューシングル「WINNER」、8月14日には日本でのファンミーティング「2013 CHOSHINSEI FAN MEETING "THANK YOU"」、9月には11都市17公演の全国ツアーを控える超新星。兵役を経て更なる成長を果たしたユナクの活動再開を受け、ますます彼らから目が離せなくなりそうだ。