<写真>ピロカルピン ギターロックバンド・ピロカルピンが、7月20日(土)、全国ツアー「1st Full Album Release Tour “太陽と月のキャラバン”」のファイナル公演を、東京・LIQUIDROOM ebisuにて開催した。
 ピロカルピンは、松木智恵子(Vo,Gt.)、岡田慎二郎(Gt.)、スズキヒサシ(Ba)、荒内塁(Dr.)からなるギターロックバンドだ。少年のように透明な松木の声と、唯一無二のバンドサウンドが描き出すファンタジックな世界観で、多くのファンを虜にするピロカルピン。この日は全国ツアーのファイナルとあって、会場は開演前から熱気に包まれていた。
 メンバーがステージに登場し、オープニングから客席のテンションは最高潮。ボーカル・松木が「今日はツアーファイナルです!無事メンバー皆元気でファイナルを迎えることが出来ました。今日は楽しんで演奏したいと思いますので、皆さんも悔いのないように楽しんで帰ってください!」と挨拶すると、会場からは大きな歓声が沸き起こった。
 今回は6月にリリースされた1st Full Album「太陽と月のオアシス」を引っ提げての全国ツアー。このアルバムについて松木は「今回のアルバムは二面性をテーマに制作したんですが、嫌なことも良いことも、暗いことも明るいことも、両方もあるから素晴らしい、という気持ちを込めました」とコメント。この日のライブでは、「ロックスターと魔法のランプ」や「老人と海」「時の抜け殻」など計23曲を披露し、松木の放つ透き通った歌声と、ピロカルピンの真骨頂とも言える唯一無二の世界観に、集まった観客たちは一様に酔いしれていた。
 全国9都市で開催された自身最大規模のツアーファイナルを迎えた感想を「初のフルアルバムのリリース、そして全国ツアーを開催することができて、本当に応援してくださる皆さんのお陰だなと、とても感謝しています。いろんな人達に助けてもらいながらの1年でしたが、これからも精一杯続けていけたら良いなと思っていますので、よろしくお願いします!」と語った松木。
 予期せぬダブルアンコールまで、ツアーファイナルを完全燃焼したピロカルピン。8月10日には名古屋で開催される「TREASURE05X 2013 -three gates of wonder- 」、8月21日にはSEACRET BOX BY OTODAMA 2013にて「浜辺の恋心 supported by RADIO DRAGON」に出演することも決定しており、さらに熱い夏を駆け抜けることになりそうだ。