<写真>GILLE 昨年2月1日、YouTubeに突如UPされた動画から始まり、ミステリアスでありながらその圧倒的パフォーマンスでセンセーショナルを起こしたGILLE。リスナーから熱望のコメントが殺到していた待望のカバー・アルバム第2弾のリリースがこの度決定した。
 9月4日にリリースされるこのアルバム・タイトルはシリーズ2作目にふさわしい「I AM GILLE. 2」。前作同様、フレッシュなヒット・ソングを中心に、彼女自身がセレクトしたバラエティ豊かな選曲の全編英語カバーで構成されている。
 現在アイドルの新次元をリードする“ももいろクローバー”のメジャー・デビュー曲にしてアンセムともいえる「行くぜっ!怪盗少女」を堂々のカバー。原曲の掛け合いとオリジナリティある歌詞を見事に英詞へと転化しGILLEの高速フローで再演、原曲のもつアッパーな魅力をラウドなロック・チューンに昇華させている。この圧巻サウンドをプロデュースしているのはゴールデンボンバーの編曲・実演を担当し “中の人”と言われているtatsuo氏だ。
 この他、バンドとしての絶頂期を迎えている“サカナクション”の「アルクアラウンド」、国境を越えて活躍するジャズ・バンド“PE’Z”との競演でストリート感溢れる仕上がりの“いきものがかり”「じょいふる」、こちらもワールドワイドな活動を続けるJazztronikプロデュースによる“山下達郎”の名曲「JODY」(「悲しみのJODY」英語バージョン)、今年8年半の活動に終止符を打った“FUNKY MONKY BABYS”の代表曲「ヒーロー」、映画「レ・ミゼラブル」の劇中歌として再評価を集めている「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」、世界的大ヒットを記録している“One Direction”「Live While We’re Young」など、その内容はまさに多彩かつ豪華。まさに“スーパー・カバー・アルバム”と言うに相応しい作品に仕上がっている。
 このアルバムのリリースに先駆けて、「行くぜっ!怪盗少女(English Ver.)」が、7月24日よりデジタルシングルとして、配信限定でリリースされるので、ぜひ一足先にチェックしてみてはいかがだろうか。
 11月からは、「GILLE Concert Tour 2013-2014 ”I AM GILLE.2”」と題し、全国5都市で自身初のライブツアーも決定しているGILLE。「ダイヤモンド・ヴォイス」と評される、彼女の歌声を直に確かめてみるチャンスとなりそうだ。
【GILLE コメント】
 私のデビューのきっかけにもなったカバー・アルバムの第2弾「I AM GILLE. 2」が完成しました。今回の選曲はかなり悩みましたが、前作同様、私が歌うことで新しい響きが生まれ、リスナーのみなさんが楽しんでくれる楽曲を一番に考えました。そしてハード・ロックやジャズなど、前作にはなかったサウンドにもトライしています。
 もともと“原曲”があるカバーで、その魅力をくずさずに歌と音楽だけを楽しんでもらいたかったので、一番最初は私の姿を隠したシルエット動画をYouTubeに公開しました。そして今回も、元の楽曲の良さをできる限り純粋に、かつ全世界へ届けたいと思ったので、このアルバムに関する動画には再びシルエットで出演することにしました。
 カバー作品には“音楽を演じる”ような楽しさがあります。このアルバムを通じて、また世界中のリスナーと一緒に音楽を楽しむことを感じられたら最高です!