<写真>Perfume 6月18日(火)自身初となる対バンTOUR「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」」が大阪(会場:Zepp Namba)にてファイナルを迎え、今秋にオリジナルのニューアルバム「LEVEL3」をリリースすること、更に、年末には東京、大阪にて自身初の2大ドームライブが決定したという2つの大きな発表をサプライズで行った。
 東京・名古屋・大阪の3か所で開催された今回のツアーは、メンバーの発案により、彼女達がリスペクトするアーティスト『斉藤和義』、『奥田民生』、『マキシマム ザ ホルモン』という豪華なアーティストがそれぞれの東名阪の会場に参加することとなった。今回のツアー会場は、Perfumeにとっても久々のライブハウス、更に最高の組み合わせのライブを堪能することが出来るということで、ファンの間では超プレミアツアーと言われている。
 Zepp Nambaでのこのツアー最終日、マキシマム ザ ホルモンが登場する直前、スクリーンに実際Perfumeが彼らに贈ったという対バンお願いのビデオメッセージが上映された。たっぷりと愛情が込められた内容に、観客からも拍手が沸き起こった。
 それに応えたマキシマム ザ ホルモンのアグレッシブで壮絶なライブの後、遂にPerfumeが登場。オープニングナンバーは、先月リリースされたばかりのニューシングル「Magic of Love」。スクリーンには色鮮やかな幾何学模様の映像が流れ、キャッチーでエレクトロなサウンドと共に3人の一寸の狂いもないダンスパフォーマンスが披露された。
 ライブハウスならではの声援も、場内にこだまする。続く「レーザービーム」ではレーザーが客席頭上に縦横無尽に張り巡らされ、あたかも異世界に飛び込んだかのような空間の中、圧倒的なダンスパフォーマンスが観客を魅了。「Spending all my time」ではスクリーンにスタイリッシュな映像で歌詞が浮かび上がり、観客全員が手をあげて、ジャンプ。会場全体が揺り動くかのように、ライブハウスならではの一体感が序盤から感じられる。
 MCでは、出演してくれたことへの感謝を改めて込め、マキシマム ザ ホルモンのライブの感想などが語られた。あ~ちゃんはダイスケはんの動きを面白おかしく真似ながら、マキシマム ザ ホルモンのリハ裏話をトーク。また、のっちとかしゆかは今回のツアータイトルの「麺カタ」部分のボツネタ案を明かした。そして、「じゃあ、ゆっくりな曲をお届けします」と話して、マイクスタンドを前に「マカロニ」が歌われる。しっとりとした雰囲気を作り出して、観客を虜にした。一転して、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」ではキラキラした気分にさせてくれる。
 あ~ちゃんの「四つ打ちカモン!」という掛け声から、恒例の「P.T.A.」のコーナーへ。マキシマム ザ ホルモン初期の人気曲「アバラ・ボブ」も交えながらのコール&レスポンスで、一段とフロアが温まった後は、ダンサブルでリズミカルな「だいじょばない」が炸裂する。「エレクトロ・ワールド」と「ポリリズム」では、一気に加速をつけて疾走感が生まれた。ここではすでに、マキシマム ザ ホルモンファン、Perfumeファンというくくりやカテゴリーは一切存在せず、まさに観客の誰もがステージ上のパフォーマンスと融合しているかのようだ。あ~ちゃんは「ポリリズム」での尋常じゃない一体感に涙ぐみながら、「やっぱり日本の人たちと繋がっていると信じているから、安心して海外に行けているんです」とメッセージを贈った。
 ラストナンバーは、「せーの!」の合図で一気に観客全員の手の平が高く掲げられて始まった「MY COLOR」。あ~ちゃんがステージ上の台に乗り、振り付けを観客に教える。全員が同じ振り付けを踊り、笑顔で感動を共有する光景は本当に美しかった。このツアーを通して、音楽に壁などないことをあらためて教えてくれたような気がする。
 アンコールでは「みんな、そろそろディスコしたいんじゃないですか!?」のシャウトから、「チョコレイト!」と「ディスコ!」のコール&レスポンス。掛け声の途中から、Perfumeと全く同じデザインのピンクと紺とオレンジのカラフルな衣装に身を包んだマキシマム ザ ホルモンのナヲが登場し、フロアは大歓声に包まれる。4人体制での「チョコレイト・ディスコ」! 時にはふざけながらも、基本的に完璧な振り付けを披露するナヲ。ラストは、マキシマム ザ ホルモンでお馴染みの両手を左右にクロスさせたメタルポーズで締めくくられた。
 その後のMCでは、ダイスケはんも加わり、ミニコントのような5人の微笑ましいやり取りも見受けられ、両者が本気でリスペクトし合い、真剣に楽しんでライブが行なわれたことが心底まで伝わってくる。
 ダイスケはんとナヲがステージを去った後、メンバーから、まさかの2つの大きな発表がサプライズで伝えられた。今秋にオリジナルニューアルバム「LEVEL3」をリリースすることと、更に年末には東京と大阪で初の2大ドームライブが決定したという大きな発表があった。予期せぬ大発表に会場内は割れんばかりの大歓声とエールに包まれ、3人も全身をフルに使って嬉しさと喜びを表す。驚きを隠せないファンの興奮も、頂点に達していた。
 あ~ちゃんはメンバーを代表して、「東京ドームには3年前に立ちましたが、1日だけでした。今回はアルバムを引っさげて、東京と大阪で2日間! 喜びと嬉しさを噛みしめて、ドームを踏みしめられるようにがんばってきます!!」と抱負を述べた。最後は来月のヨーロッパツアーの話も交えながら、何度も何度も喜びと感謝を口にして、最高の笑顔で無事に初の対バンツアーを大盛況に終えた。
 オリジナルアルバムとしては、アルバム「JPN」(2011年11月リリース)以来、約2年ぶりとなり、ユニバーサル移籍後、初のアルバムリリースとなる。また、大規模なライブとしてはアルバム「JPN」をひっさげて敢行した全国アリーナツアー「Perfume 3rd Tour 「JPN」」(13か所22公演、総動員数:約20万人動員、2012年1月~5月)以来。今回、秋リリースのニューアルバム「LEVEL3」を引っさげて、初の2大ドームライブとなり、東京・大阪で2か所4公演、約16万人規模を予定していることから、まさにファンが待ち焦がれた垂涎の発表となった。
 全国アリーナツアー「JPN」では、当時すでに台湾や香港、韓国を含め世界各国からのファンも来日しており、去年は初のアジアツアーで4か国公演をソールドアウト、大盛況のうちに終了。海外フェスやヨーロッパツアーなど積極的な海外活動により、海外にも熱狂的なファンが増殖しつづけていることから、今回発表された年末の2大ドームライブにも世界各国のファンから大きな期待が寄せられるだろう。
 世界でも着実に活躍を見せている中、これから日本でも更なる大きな期待とチャレンジを見せてくれるPerfume。2013年下半期も、彼女たちの躍進はとどまることを知らない。