<写真>エイベックス エイベックス・マーケティングは6月21日に、「民法」1044条の朗読を全3巻(9CD)のCD&ブックに収録した初の受験教材を発売した。
 いわゆる「士業」(弁護士、司法書士、行政書士…)、主任者(宅建主任者、管理業務主任者…)の資格試験を受験する人々は、公務員試験を含めると年間50万人以上いると言われている。
 これらの試験に必須でありながら、学習範囲が広いため皆が苦労しているのが「民法」である。エイベックスはこのマーケットに着眼し、民法全条文をCDに収録し、繰り返し聞きながら民法をマスターできる学習教材を制作することを決定した。
 その第1弾は、3巻組で、『耳から覚える〈合格〉民法 条文・女子アナ読み上げCD&BOOK』と命名、人呼んで“女子アナ民法”である。
 これまでも法律系のCD教材は存在していたが、エイベックスは従来の堅苦しく地味な教材から脱皮し、持ち前のエンターテインメント精神で楽しく学べるように様々な工夫を凝らしている。
 その1、条文を朗読してくれるのは、プロの女子アナウンサーたち(セント・フォース所属、中島静佳、片桐千晶、安藤あや菜)。地方テレビ局出身の実力派女子アナが美声で読み上げる民法条文なら、頭に沁み込むこと請け合いである。
 その2、条文のBGMとして、このために書き下ろされたオリジナル楽曲を流し、楽しくテンポよく学習できるように工夫している。豪華ブックケースに封入されている100頁を超すテキストは、簡潔な表組に収められ、〈重要度フォーカス方式〉で、ややこしい条文が分かりやすくなるよう様々な記号やマーカーを付けている。
 肝心のテキストは、「本当に受験生が望む必勝合格ツールは何か」を探求して、受験学習法に新風を起こすべく、元大手資格試験予備校講師を中心とする受験指導のプロを集め、『合格新風会』を結成するという力の入れようである。企画制作は、ラジオ番組制作会社であるヤング・スタッフ。販売元は、年間数百冊の経済書や法律関係書籍をリリースしている出版界の老舗、中央経済社という鉄壁な座組みで本教材ビジネスに望む構えである。今後、年間、コンスタントに法律関係教材を発売していく予定だ。