<写真>ドリカム 7月にフジテレビ系全国ネットで放送される、救命医療の現場をリアルに描き、多くの視聴者の支持を獲得してきた大ヒットドラマシリーズ『救命病棟24時』第5シリーズの主題歌を、歴代の『救命病棟24時』4シリーズのすべての主題歌でタッグを組んでいる DREAMS COME TRUEが担当することは先日発表されたが、今回新たにその注目の楽曲タイトル、更に新しいビジュアルや特設サイトのオープンなど、新展開が明らかになった。
 楽曲タイトルは「さぁ鐘を鳴らせ」。この曲は、ドラマのために新たに書き下ろされた新曲。過去の『救命病棟24時』4シリーズでは、「朝がまた来る」「三日月」「いつのまに」「何度でも」「その先へ feat. FUZZY CONTROL」とDREAMS COME TRUEを代表する名曲が数々と誕生しているだけに、シリーズ5作目となる『救命病棟24時』との強力タッグによって新たに生まれたこの「さぁ鐘を鳴らせ」がどのような世界観の楽曲なのか、期待が高まる。
 DREAMS COME TRUEの2人は『救命病棟24時』新シリーズに以下コメントを寄せている。「松嶋菜々子さん演じる小島楓先生がついに医局長に! 時任三郎さん、佐々木蔵之介さん、風間俊介さんをはじめ、個性の強い役者さんたちの演技も見どころだと思います。第1シリーズにも関わっていた飯野陽子さんが脚本を手がけていることも非常に楽しみですね。何といっても、“救命病棟24時”の雛形を作られた方ですから」 (中村正人)
 「シリーズごとに問題提起もあるし、リアリティもすごくあって。根本に「生きていくとは?」というテーマがあるから、みんなが惹かれると思うんですよね。そんな素晴らしいドラマに長い間関わらせてもらえるなんて、こんな経験はなかなか出来るものではないと思っています。今回の「救命病棟24時 第5シリーズ」もすごく楽しみです!」 (吉田美和)
 併せて、7月10日に発売されるそのシングル詳細・ニュービジュアル・特設サイトのオープンなど新展開も続々発表。シングルは、「さぁ鐘を鳴らせ/MADE OF GOLD ―featuring DABADA―」の両A面シングルとして発売、「MADE OF GOLD ―featuring DABADA―」はダバダ♪でお馴染みのネスカフェ ゴールドブレンドタイアップソングとして話題の楽曲。
 大型タイアップづくしの強力内容に加え、初回限定盤にはこの春に行われた、DREAMS COME TRUEの楽曲をオーケストラで奏で、チケットは即日完売となったプレミアムコンサート「SYMPHONIC GOLDBLEND -Songs from DREAMS COME TRUE- Supported by the Nestle Japan 100th Anniversary」から『A theme of the WONDERLAND ~ あなたに会いたくて』『LOVE LOVE LOVE ~ 組曲「未来予想図」』 を特別収録。更にミュージックビデオ収録DVDも付属と豪華な内容となっている。
 そして6月3日から、ニューシングル発売を記念して「さぁ鐘を鳴らせ/MADE OF GOLD ―featuring DABADA―」の特設サイトもオープン。楽曲視聴やミュージックビデオ試聴など、DREAMS COME TRUEの新展開を凝縮した充実内容となっているのでこちらも要チェック。
 30万人の動員を記録した究極の裏ベストライブ DVD & Blu-ray「裏ドリワンダーランド 2012/2013」も6月19日発売とリリース間近、夏に向けて勢いを増すDREAMS COME TRUEの動向に注目だ。