<写真>B.A.P 現在、韓国の若手グループの中で今最も注目を集めている男性6人組アーティストのB.A.P(ビーエーピー)が、5月25日(土)、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールでの日本単独ライブに先立って、日本公式デビュー記者会見を開催した。
 「B.A.P」は「Best(最高の)Absolute(絶対的な)Perfect(完璧な)価値を追求する」という意味を持ち、HIP HOPを中心とした骨太サウンドと完成度の高いパフォーマンスで熱い指示を集めてる彼ら。2012年1月、韓国でデビューし、デビューからわずか1年でシングル、ミニアルバムなど合わせて6作品をリリース。韓国内だけではなく、ドイツの「remarkable Awards 2012」で男性新人賞、中国の「第1回Yinyue V Chart Awards」で韓国音楽部門新人賞など国内外において数々の新人賞を総なめし、計14の賞を受賞するなど、今世界中から最も注目されているアーティストとなった。
 この日開催された日本公式デビュー記者会見で、公式に今年秋、待望の日本デビューを飾ることが発表されたB.A.P。日本公式デビューの感想を聞かれたメンバーのヨンジェは「早く日本に来たかったので、本当に嬉しかった。今でも信じられないくらいです。日本の活動を頑張りたいです」、ヒムチャンは「日本のデビューを楽しみにしています。よろしくお願いします」とコメント。 前日、日本初単独公演を終えた感想をヨングクは「僕たちが日本に来るのは初めてなのにも関わらず、たくさんの愛を贈ってくれる日本のファンの方に感謝しています」と感謝の気持ちを伝えた。また、日本のファンについて聞かれたデヒョンは「日本のファンの皆さんは、ライブ中とても集中して、耳を傾けてくれるので、僕たちも心を込めて歌いやすいです」、ジョンアプは「椅子があって座って見ていてもいいのに、みんな立ち上がって応援してくれるので、とても気分よくパフォーマンス出来ます」と語った。 また、自分たちが世界から人気を集めている理由をどう思うか、という質問にヨングクは「僕たちが一番アピール出来るのは音楽とパフォーマンス。
 この後、開催された単独ライブでは、韓国デビュー曲「WARRIOR」、ヒット曲「POWER」、「NO MARCY」など、計18曲を披露。他のK-POPグループと一線を画す骨太なサウンドとその完成度の高いパフォーマンスに、彼らの来日を待ちわびていたファンは、大きな歓声を上げ、会場が揺れんばかりの盛り上がりを見せていた。 日本初上陸となった今回のライブは、アメリカ・アジア計8箇所をまわるツアーの日本公演として行われたもので、当初、24日(金)のみの公演予定だったが、あまりの競争率の高さに、チケットを手に出来ないファンが続出。急遽25日(土)が追加公演として用意されたが、こちらの公演もSOLD OUTするという人気ぶりを見せ付け、2日間で延べ約1万人を動員した。
 「たくさんのファンの方たちに、新しい曲を期待していて欲しいです。ファンの方々の期待に応えられるように頑張りますので、よろしくお願いします」と、メッセージを贈ったB.A.P。全世界での勢いをそのままに、「今秋の日本デビュー作品ひっさげて年内にも主要都市でのホールツアーを実施したい」と語るレコード会社関係者。満を持して日本に上陸を果たした彼らから目が離せなくなりそうだ。