AKB48からの卒業を発表した中塚智実(19)が27日、握手会での出来事を自身のブログで報告。「沢山の方とお話ができましたよ。おもに、卒業の話かな?寂しいっていっぱい言われました。でも、そんな思いが私は嬉しかったり。あと、卒業後は芸能活動続けるの?って沢山聞かれたんですが‥続けるつもりです。みんなに会える機会作れるように、頑張らなきゃ」と綴った。

 また、所属事務所を通じてもコメントを発表。「わたし、中塚智実はAKB48を卒業します。卒業の事は今年入ってからずっとずっと考えてて、AKBがどんどん大きくなっていく中で、自分の立ち位置とかわかんなくて、私はこのままどうしたらいいんだろうってずっと悩んでました。でも、なかなか勇気が出なくて、卒業を決心できずにいました」。

 また、「でもそんな私が卒業を決心した理由は、今年の6月で二十歳になるということで、そろそろ自分で決めて新しくスタートしなきゃなと思いました。5年間、AKBでやってきて、普通の女の子には絶対できないような経験をたくさんさせていただいて、嬉しい事、幸せな事。本当にいっぱいありました」

 「でも、今思い返してみれば辛い事の方が多かったなって思うんですけどこれから先も…うまくいくかなんて正直わからないし、不安の方がすごく大きいんですけどこのまま立ち止まってたらいつまでも私は変わらないと思ったので二十歳になるタイミングで新しく自分で一歩踏み出そうと卒業を決心しました」とも綴った。