<写真>PASSPO☆ “空”と“旅”をテーマにメンバーを“クルー”、ライブを“フライト”、ファンを“パッセンジャー”と呼び、CA(キャビンアテンダント)をイメージした衣装とコンセプトで活動中のガールズロックユニット・PASSPO☆が、東京・羽田空港国際線ターミナルにて、5月22日にリリースされる「新エアライン3部作」の第一弾「STEP&GO/キャンディー・ルーム」のリリース記念イベントを開催した。
 この日のイベントには、抽選で選ばれた50名のパッセンジャー(ファン)が参加。イベントのスタート前から、熱気が立ち込めていた。PASSPO☆はステージに登場すると、集まったパッセンジャー(ファン)のために、ショートフライト(ミニライブ)を実施。新曲の「STEP&GO」「キャンディー・ルーム」など計3曲を披露したPASSPO☆。会場はライブハウスさながらの盛り上がりを見せていた。
 この日のイベントについて、根岸愛は「私達PASSPO☆は空と旅をテーマにしているので、羽田空港はピッタリな会場だと思います」、藤本有紀美は「空港ってワクワクするので、楽しくフライト(ライブ)が出来ました!」とそれぞれコメントした。
 そして、トークコーナーでは、客席でフライト(ライブ)を見守っていたパッセンジャー(ファン)の中に、モノマネ芸人の河口こうへいの姿を発見したPASSPO☆のクルー達。ステージに上がり、トークに参加することとなった。
 河口は、PASSPO☆がメジャーデビューする前からプライベートでイベントに通っていたという、パッセンジャー(ファン)。4月のイベントで「PASSPO☆と共演したい」という夢を口にしており、この日遂にその夢がかなうこととなった。夢が現実になったことについて、河口は「『共演したい』と口に出してからは1ヶ月ですが、実は3年越しくらいの夢。本当に嬉しいです」と喜びを爆発させていた。また、河口はステージ上で、クルー(メンバー)達から新曲「STEP&GO」の振り付けを教えてもらい、一緒に踊る場面もあり、会場を沸かせていた。
 その後、羽田空港国際線ターミナルPR担当の“Starry”(スターリー)も応援に駆けつけ、更に盛り上がりを見せたこの日のイベント。今後の夢を聞かれた槙田紗子は「この間、初めて海外でライブをやったんですが、将来的にはワールドツアーをやってみたいです」と意気込みを語った。また、河口が新たな夢に関して「次はPASSPO☆と一緒に行くツアーなんかいいですね」とコメントすると、クルーから「(彼女に)怒られないんですか?」というツッコミが入り、会場には大きな笑いが起こった。
 5月22日から3ヶ月連続でリリースが決定しているPASSPO☆の「新エアライン3部作」。第一弾となる両A面シングル「STEP&GO/キャンディー・ルーム」について、増井みおは「『STEP&GO』は冒険をテーマにした楽しい曲」、安斉奈緒美は『キャンディー・ルーム』について「肉食女子の曲だけど、歌詞をちゃんと聞くと本当は彼のことを思う可愛らしい曲」とそれぞれコメントし、アピールしていた。
 6月30日からは自身2度目となる全国フライトツアー【PASSPO☆チャーター便フライトツアーin Summer Vacation !!】がスタートするPASSPO☆。成長著しい彼女たちから、さらに目が離せなくなりそうだ。