<写真>TSUBAKI 有名アーティストを起用し、名曲を世に送り出してきた資生堂TSUBAKIテレビCMに、無名の新人ながら異例の大抜擢で起用されたLUHICA(読み方:ルヒカ)のデビューシングル『独り言花』が6月12日にリリースされることが明らかになり、そのベールに包まれたアートワークも公開になった。
 LUHICAはプロデューサーの秋元康氏が発掘した逸材で、これまでに公開されているCMや、LUHICA自身が公開し ているYouTubeの動画 は、合計で20万を超える再生回数を記録しており、じわじわと話題を呼んでいる。
 秋元氏は「まだ、一度もLUHICA本人と会っていない。声しか知らない。何百本のデモの中から、何かに引き寄せられるように、彼女の歌を選んだ。一度聴いたら、忘れない声。また、聴きたくなる声。ミステリアスな魅力だ。」と大きな期待を寄せており、対するLUHICAは今回のデビューに当たり、「今回、突然CMソングの話をいただいて、夢ではないかと信じられない気持ちでいっぱいでした。大人の女性の気持ちを想像して歌わせていただきました。いつかは海外に通用するようなシンガーになるのが私の大きな夢です」とコメントを寄せた。
 またミュージックビデオが完成、公開となった。
 こちらも資生堂TSUBAKIのCM制作チームが全面バックアップで制作を行い「さあ咲きなさい、女の中の花たちよ」という印象的な歌詞の世界観を表現した仕上がり、そして全体を通じてCMと同様の映像美が展開されている。LUHICAにとって初めての撮影であったが、その堂々としたパフォーマンスに、数々のCMを手掛け多くのキャストと接してきた制作チームからも多くの賞賛の声があがったという。
 さらに歌詞サイト「歌ネット」ではCD発売前にも関わらず『独り言花』の歌詞が公開されている。こちらで楽曲の全貌を想像しながら、ぜひ今後公開される情報にも期待していただきたい。