<写真>SING LIKE TALKING 2013年にデビュー25周年を迎えたSING LIKE TALKING(シングライクトーキング)が4月27日(土)東京国際フォーラム ホールAにて「25th Anniversary SING LIKE TALKING“Amusement Pocket 25/50”」を開催した。
 デビュー25周年を記念して開催されたベストセレクションライブ。日本屈指のミュージシャン達と奏でる貴重な一夜ということもあり、会場には多くのファンが詰め掛けた。
 この日のライブ本編の前には、限定500名を対象としたプレステージも開催された。「TRY AND TRY AGAIN」やこのステージのためにジャズアレンジした「Missin' you」など、本編では聴くことの出来ない曲を披露。一曲ごとに曲を制作した当時の秘話などが披露され、参加したファンは一足先にスペシャルなステージを堪能した。
 そして、ライブ本編では、ステージにメンバーが登場すると、大歓声と拍手が沸き起こり、客席は総立ちに。佐藤竹善は「25周年記念のライブにようこそおいで下さいました。10周年にも20周年にもやらなかったのですが、25周年はやらないとということになりました」と挨拶し、会場の笑いを誘った。また、記念すべきライブを迎えた心境を、藤田千章は「僕たちもずっと楽しみにしていましたので、盛り上がってます」、西村智彦は「おかげさまで25周年を迎えさせていただきました。今日は僕らも楽しみますので、皆さんも楽しんでいって下さい」とそれぞれの言葉で語った。
 この日のステージを務めたのは、SING LIKE TALKINGの他、ギター・松原正樹、ベース・松原秀樹、ドラム・小笠原拓海、ピアノ・塩谷哲、パーカッション・大儀見元、コーラス・大滝裕子、露崎春女、トロンボーン・村田陽一、トランペット・中野勇介、サックス・鈴木圭ら、日本屈指のミュージシャンばかり。佐藤竹善が「ファンからのリクエストを9割方活かした」と語った通り「Rise」「離れずに暖めて」など、25周年記念に相応しく、ヒット曲から知る人ぞ知る名曲までを網羅した計23曲のセットリストと、抜群のパフォーマンで、終始観客を魅了したステージとなった。
 また、アフリカのパーカッショニストたちがスペシャルゲストとしてステージに登場する一幕も。パーカッションの大儀見元とセッションを繰り広げ、その素晴らしい演奏にSING LIKE TALKINGのメンバーも客席と共にリズムに乗って楽しむ姿も見られた。
 アンコールを含めて、3時間半にも渡ったこの日のステージ。最後に佐藤竹善が「これからもずっとマイペースで頑張って行きますので、よろしくお願いします」と挨拶すると、客席からは惜しみない拍手が鳴り止まなかった。
 5月15日には25周年記念第2弾シングルリリース「Human」、6月5日には待望のオリジナルアルバム「Befriend」をリリースするSING LIKE TALKING。25周年を迎え、なお輝き続ける彼らから目が離せない。