<写真>ブンブンサテライツ 2013年1月9日に最新アルバム「EMBRACE」をリリースし、キャリア15年の集大成として5月3日に日本武道館にてワンマンライブを開催したBOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)が、世界で初めて、Ustreamを使用したライブの360°インタラクティブ生配信を実施した。 ( ※ Ustream Asia株式会社調べ)
 メンバー川島道行(Vo, G)の昨年末に発覚した脳腫瘍の治療のため1月~4月の全国ツアーをキャンセルした彼らにとって、復活のライブとなる今回は、武道館に来ることが出来ないファンのために、360°生配信特設サイトにアクセスするとステージ上に置かれた1台のカメラで、ユーザーのマウスの動きに合わせて武道館ライブを360°の大迫力で一望することができ、普段決して観ることが出来ないメンバーの目線や迫力のステージを体感できる非常にレアな生配信となった。
 先日よりスタートしている、サイトを訪れたユーザがミュージックビデオを視聴するなど起こしたアクションを“EMBRACE PARTiCLES”と名付けられた粒子として見立て、当日までに溜まった粒子を武道館に届けるという、武道館ステージ演出と連動した特設サイト「EMBRACE PARTiCLES」も好評。