国際レコード産業連盟(略=IFPI)が先月8日発表した、2012年の世界音楽市場の売り上げは昨年と比べ0.2%増の164億860万ドル(約1兆6192億円)で、1999年以来13年ぶりにプラスに転じた。

 国別の売り上げ順位では、日本は米国の44億8180万ドル(約4402億円)に次いで、世界2位の44億2200万ドル(約4343億円)となっており、このうち、音楽の二次利用に関する権利収入を除いた、音楽ソフト(オーディオ、音楽ビデオ含む)および有料音楽配信の売上合計では、日本は42億8220万ドル(4206億円)だった。

 一部報道によれば、音楽ソフトの分野では日本が初めて米国を抜き、世界最大市場になった。