<写真>7年ぶり新曲を発表した華原朋美(2013年3月20日)

7年ぶりに新曲を発表した華原朋美。復帰第一作は英国映画「レ・ミゼラブル」で劇中歌として使用されている「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」

 華原朋美が4月17日にリリースする7年振りの新曲「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」の着うたフルが、4月13日よりレコチョク他、各サイトにて配信がスタートした。

 この楽曲は、空前の大ヒットを記録しているミュージカル映画「レ・ミゼラブル」劇中歌「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」をフル・オーケストラでカバーしたもの。総勢41名のフルオーケストラとの共演を果たし完成されたこの楽曲は、情感あふれる声で歌い上げられ、“ヴォーカリスト”として成長した華原朋美を感じることができる。

 また、4月12日フジテレビ系「僕らの音楽」にてテレビ初披露となった同楽曲のパフォーマンスの完成度の高さが、すでに大きな話題となっている。

 4月17日CD発売当日には、恵比寿ガーデンプレス(東京都)での発売記念イベントが決定。イベントでは、初めてファンの前で同曲をオーケストラとともに披露する予定だ。さらに4月21日には、イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)でのトーク&握手会イベントも決定している。