EXILEのTAKAHIRO(28)が12日、ソロシングルを発売することを発表した。06年にグループに加入。ATSUSHIのパートナーを担い、大きな経験のもとで成長してきた彼の初のソロ作品となる。発売時期は6月を予定。

 初のソロ作は、狂おしいほどの恋心を歌った“禁断のラブ・バラード”とも言える「一千一秒」。歌詞は、EXILE「Bloom」などを手掛けた小竹正人氏。TAKAHIRO自らが作詞を依頼した。

 心を締め付けられるほどの激情とも言える世界観を持った楽曲となっている。楽曲の世界観を映像美へと仕立て上げたビデオクリップは、映画「ヘルタースケルター」で日本中を驚嘆させた蜷川実花監督が制作。

 どこにでもある「現実世界」と、びしょ濡れのTAKAHIROに薔薇が降り注ぐという、ありえないような「幻想世界」という二つの真逆な世界感を融合させたものとなっている。