<写真>SING LIKE TALKING 2013年にデビュー25周年を迎えたSING LIKE TALKINGが、25周年記念第2弾シングルと、オリジナルアルバムのリリース決定を発表した。
 5月15日にリリースが決定した、25周年記念の第2弾シングルのタイトル曲は「Human」。日々の日常生活の素晴らしさを歌った、シンプルでありながらも力強いメッセージのこもった楽曲だ。ケルトミュージックやカントリーミュージックを彷彿とさせるようなサウンドと、コーラスワークが美しい楽曲に仕上がっている。また、C/Wには、2011年に行われたアコースティックライブツアー「Amusement Pocket Acoustic 2011」からのLIVE音源を収録。同ツアーで演奏されたSING LIKE TALKINGの代表曲の1つ「離れずに暖めて」他、2011年にリリースのアルバム『Empowerment』から「きみの中に輝くもの」の計2曲のLIVE音源が収録されている。CDジャケットは、前作「89番目の星座」に引き続き、メンバーの藤田千章による描き下ろしの絵を使ったジャケットとなっており、こちらもその仕上がりが期待される。
 そして、6月5日に待望のオリジナルアルバムのリリースも決定した。メンバーも全員50歳を迎えるというメモリアルイヤーにリリースされるこのオリジナルアルバム。2011年秋より楽曲制作に入り、メンバー3人を中心に制作された本作は、シンプルでありながら実に力強い、珠玉の楽曲が揃った内容の濃いアルバムとなっている。まさに25年間の活動の集大成ともいえる本作は、AOR、ソウル、R&B、ケルトミュージック、アフリカン、ブリティシュロック、プログレッシブロックといった様々なサウンドのエッセンスが散りばめられ、まさにSING LIKE TALKINGにしか出来ないオンリーワンのサウンドが詰め込まれた必聴の一枚だ。
 4月13日と27日には、日本屈指のミュージシャン達と奏でる、2夜限定のベストセレクションライブを控えるSING LIKE TALKING。既に大阪会場はSold Outとなっており、東京会場のチケットも残り僅かだという。