<写真>福山雅治 福山雅治の記念すべき30枚目のシングル「誕生日には真白な百合を/Get the groove」が4月10日にリリースにされる。その両A面シングルより「誕生日には真白な百合を」のミュージッククリップの撮影秘話が届いた。
 既に2013年レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞1月度着うた部門、2月度ダウンロード(シングル)部門を2カ月連続で獲得する等、CDシングル発売前から高い支持を受けている「誕生日には真白な百合を」。
 今回の楽曲は、デビュー23年にして初めて自身の親の事を歌った渾身の一作。父親をモチーフに綴られた歌詞は、子から親への感謝の想いが込められている。本人曰く「離れていても出来る愛情表現を歌にした」という言葉通り、人の心を深く強く打つ作品に仕上がっている。
 実際20代後半から、毎年2月6日の福山自身の誕生日に、長崎に住む母親へ「産んでくれて、ありがとう」というメッセージカードを添えて花を贈っており、今回初めて両親への想いを歌詞に描いた作品となった。また百合の花言葉が、“子から親への愛”だったことから、タイトルはつけられた。
 そんな心温まるエピソードを持つ今作のミュージッククリップは“日常の狭間で、憶う”故郷を離れ東京での生活を過ごしている福山雅治。仕事を終えた帰り道、自身の中に生きている記憶がふと両親への憶いを顧みる、日常的一瞬を切り取った作品、コンセプトに制作された。
 撮影は、都内街頭と都内撮影スタジオで行われ、日が暮れた都内の繁華街を実際に車を走らせて収録した。歌唱シーンは通常より150%速いテンポで収録し、編集時に100%のテンポに戻しスロー再生することによって「回想感」を演出。
 また車で並走しない限り撮れない不思議なアングルをキープし、あまり見ることができない「つぶやくような歌唱」シーンを撮影することに成功した。
 このミュージッククリップはニューシングル「誕生日には真白な百合を/Get the groove」 初回限定「誕生日には真白な百合を」Music Clip DVD付盤」に収録されている。