<写真>supercell supercellの新曲が、IT・デジタルコンテンツ分野でクリエイターを育成する学校法人・専門学校 HAL(東京・大阪・名古屋)の2013年度TVCMに起用される。
 夢に向かう人に不可欠な“成長”を描き「世界はキミに、驚きたい。」というHALからのメッセージが込められたこのTVCMには、supercellのメンバーをはじめ新進気鋭のアーティストが多数参加している。
 supercellの三輪士郎氏がHALのために描き下ろしたキャラクター“ハル”のデザイン画を、3DモデラーのISAO氏がMMDモデル化、アートディレクターのわかむらPがMMDで映像化する。さらにモーションデザイナーのYumiko氏が振付を、supercellのコンポーザーであるryo氏が楽曲制作を担当し、スペシャル・コラボレーションが実現した。
 またHALでは、今回のTVCMをもとにユーザーに楽しんでもらうために、教育機関としては初のプロジェクトを4月19日から展開する。CM登場キャラクター“ハル”の、モデルデータやモーションデータ、踊っているステージのデータから振付表に至るまで、あらゆるデータを「HAL×supercell特設サイト」で配布する。初心者でもつくりたい気持ちがあれば世界中の人たちを驚かすことができるこのプロジェクトで、つくることの楽しさや誰かを楽しませる喜びを、自らがクリエイターとなって感じて欲しい。
 楽曲タイトルは「Yeah Oh Ahhh Oh !」で、エッジーなロックンロール調に仕上がっている。リリースに関しては現時点で未定。TVCMは4月19日からオンエアされ、同日より東京、大阪、名古屋のHALのサイトで視聴可能になる。