<写真>PASSPO☆ 今年より「ぱすぽ☆」から「PASSPO☆」へと改名した“空”と“旅”をテーマに活動中の9人組ガールズロックユニット・PASSPO☆が、3/27、「ぱすぽ☆」名義のベストアルバム「ぱすぽ☆ベスト1」、「ぱすぽ☆ベスト2」を2枚同時リリース。そのリリース記念のイベントを、3月28日に開催した。
 この日、イベントが開催されたのは、赤城神社。PASSPO☆がデビューした2011年1月に実施したメジャーデビューイベント「ぱすぽ☆就航式」で赤城神社の宮司にヒット祈願をしていただき、デビューシングル「少女飛行」がオリコン1位を獲得するなど彼女たちにとって、非常に縁のある神社である。そのデビューから無事に今まで活動することが出来ましたという御礼参りと初のベストアルバムのヒット祈願を兼ねてこの場所が選ばれた。
 昇殿本殿にて執り行われたご祈祷には、クルー(メンバー)全員が真剣な面持ちで望み、玉串を神前にお供えするなど、心からの拝礼をしたPASSPO☆。祈祷後には、御礼として、巫女さんにクルー(メンバー)を代表してキャプテン(リーダー)の根岸愛から花束が渡される一幕もあった。
 また、この日のイベントには、メールマガジン会員1万人の中から抽選で選ばれた幸運な約50人が参加。集まったファンとPASSPO☆のクルー(メンバー)が境内で写真撮影をするなど、和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。
 そして、ご祈祷の後は、神社内の参集殿でミニ・フライト(ライブ)&トークも開催された。この日のご祈祷について、藤本有紀美は「とても身が引き締まりました!」、岩村捺未は「玉串を捧げるときが緊張しました」とコメント。普段とは少し違う雰囲気のイベントに、クルー(メンバー)も気持ちを新たにした様子だった。
 また、3月27日に2枚同時リリースされた初のベストアルバムのオススメポイントを聞かれた安斉奈緒美は「インディーズ時代の曲ですね。私も1枚しか持っていない今では入手困難なアルバムの曲も入っているので、ぜひ聞いてください」とコメント。また、クルー(メンバー)が口を揃えて「キュンキュン系から、バラード、ロックまでいろんな曲がたくさんそろってます!」とアピールした。
 ミニ・フライト(ライブ)では、「少女飛行」「Let It Go!!」など、ベストアルバムにも収録されている人気曲を計4曲披露したPASSPO☆。最後の曲となった「マテリアルGirl」では、クルー(メンバー)が客席を走り回るという嬉しいサプライズもあり、この日集まったファンの盛り上がりは最高潮に達していた。
 4月からは初の冠番組となる、テレビ東京(TX)「PASSPO☆の尺うまTV(ティビー)」のスタートが決定するなど、まさに勢いに乗るPASSPO☆。猛スピードで駆け抜ける彼女たちから目が離せなくなりそうだ。