<写真>超新星 3月27日に、日本オリジナル曲シングル「抱・き・し・め・た・い」をリリースした、韓国出身のダンス・ヴォーカルグループの超新星が、3月26日と27日の2日間に渡って、タイプの異なったリリース記念イベントを開催した。
 1日目となった26日には、東京・池袋にある後藤学園 武蔵野調理師専門学校にて「生 de 超新星☆TV、公開収録」を開催した。「超新星☆TV」とは、YouTubeにて公開されている超新星のメンバーが様々なものにチャレンジする大好評のバラエティ番組。
 この日は、ファンクラブ会員の中から選ばれた幸運な50名を目の前に、現在好評配信中の第一弾企画「レッツ☆クッキング!」の公開生収録を行った。普段は見ることの出来ないコック姿で登場した超新星に、ファンは大喜び。この日のメニューは「トロトロハンバーグ」と「キャロットスープ」で、メンバーは料理研究家・料理アーティスト小川明男先生の指導のもと、和気あいあいと料理に励んでいた。
 メンバーのゴニルは「ハンバーグは普通にどこでも食べられるものだと思っていたけど、作ると大変なんだなということが分かりました。でも楽しかったです!」、ジヒョクは「今日習った料理を家で作って家族に食べさせてあげたいです」と、この日の感想を語った。
 この日作った料理は、メンバーから直接ファンに手渡しされて振舞われるという嬉しいプレゼントもあり、ファンからは大きな喜びの声が上がっていた。
 また、グァンスから「超新星☆TV」の第2弾の企画はメンバーが便利屋に挑戦する「レッツ☆便利屋さん」であることも発表され「また皆さんを楽しませたいです」と意気込みのコメントをした。
 そして、2日目となる27日は、東京・お台場のダイバーシティ東京プラザにて緊急握手会を開催した。真冬並みの寒さに加え、雨が降りしきるあいにくの天候の中の屋外イベントにも関わらず、延べ5000人が参加したこの日の握手会。
 ソンジェは「久しぶりの握手会なので、楽しみです。雨がすごくて寒いですが、皆さんが暖かい気持ちになれるように頑張ります」、グァンスは「今日来られなかったファンの方たちもたくさんいると思います。でも、来られたファンの方、来られなかったファンの方、どちらも僕たちが大切に思う気持ちは一緒です」とファンに向けた思いを語った。また、新曲「抱・き・し・め・た・い」について、ソンモは「歌詞もいいし、メロディもいい。皆さんを抱きしめたいという気持ちで歌いました。皆さんもぜひこの曲を抱きしめてください!」とコメントした。
 そして、新曲「抱・き・し・め・た・い」も雨の中のステージで披露された。この日、雨天のために一時は中止される予定だったが「集まってくれたファンのために、どうしてもパフォーマンスを見せたい」というメンバーの強い意向で実現したこのステージ。ライブパフォーマンスがあることを知らされていなかったファンたちからは大歓声が上がり、一瞬にしてライブ会場のような盛り上がりを見せていた。
 今年7月には兵役で活動を休止しているリーダーのユナクが除隊し、ファンが待ち望んだ6人での活動を再開することも決定している超新星。5月には福岡、名古屋、神戸、横浜の4都市、計9公演のツアーが予定されており、このシングルリリースを皮切りにいよいよ2013年の活動が本格化する。