<写真>RiCECOOKERS NYをベースに独自の音楽活動を続けるロックバンド・THE RiCECOOKERS(ザ・ライスクッカーズ)。昨年、複数の新譜をリリースしその完成度と引き出しの豊富さで、バンドの充実した創作状態を伝えてきた彼らから半年ぶりの新曲「of the real」が届けられた。
 深遠な響きをもつ「of the real」と題されたタイトルトラックは、バンドが新たな創作レベルに到達したことを告げる広がりのある世界観をもつロックアンセム。もはやライスクッカーズの代名詞とも言える幾重にも重ねられたギターアンサンブルを横糸に、縦糸には重厚なランニングビートからのディスコ変換という難易度の高いリズムセクションを編み込んだ一度聞いたらクセになる、まさに世界が待ち望んでいたオルタナティブロックの新しいかたちを提示することに成功している。
 カップリングの2曲「Sweet Canaan」「ロックンロールを永遠に」もすべて新たに録りおろされた、今のアメリカが放つ空気を存分に吸い込み、日本でのライブ活動で体得した美しいメロディのもつ訴求力をふんだんに散りばめた彼らにしかなしえない超強力盤シングルとなっている。
 また、彼らはこのシングルをひっさげ東京、大阪、名古屋、福岡をまわる5月GWのツアーも決定している。ニューヨークをベースに活動しながら日本のシーンでもいよいよ存在感を増してきた彼らをキャッチする絶好のチャンスとなるだろう。