<写真>CROSS GENE アジアを拠点として活躍が期待され、ユニバーサルミュージックとアミューズがタッグを組んで送り出す、日本・中国・韓国人で構成されるアジアグローバル・ユニットCROSS GENE。
 そんな彼らの日本デビューシングルとなる「Shooting Star」の韓国語バージョンがi-Tunesを通じてアジアで発売された。まだCROSS GENEとしてはキャンペーンやツアーなどで各国に訪れたことはない。もともと個々のメンバーがドラマやCM等で各国で活躍して認知もあったのが功を奏して、デビュー1年未満の新人としては初となるi-Tunesアジア配信地域5カ国となる香港、台湾、マレーシア、インドネシア、タイで1位を獲得した。過去複数の国で1位記録を作ってきたのは、全世界的にヒットしているADELE、One Direction、PSY、少女時代などブレイクしたアーティストしかおらず新人としては異例のヒットだ。
 CROSS GENEのメンバーは日本でも、昨年発売された韓国デビュー曲「La-Di Da-Di」が話題となり日本での人気も高いグループ。また今作「Shooting Star」はNTVドラマ“シェアハウスの恋人"の挿入歌に決定しておりドラマの中で大泉洋演じる 宇宙人、川木辰平が宇宙人語でこの曲を歌いファンの中では話題となっている。
 日本では3月13日にいよいよシングル「Shooting Star」を発売し、やっと日本デビューを果たすCROSS GENEにとっても嬉しい状況だ。
 この快挙を受け、メンバー・TAKUYAは「まだ信じられない気持ちでいっぱいです。この1位は僕たちだけではなく、ファンの皆さん、スタッフの皆さんのおかげだと思います。これからもここで満足せずに、世界の1位をとれるように頑張りますので、応援を宜しくお願いします!!」
 メンバーは口をそろえて「一刻も早く、アジアツアーしたいです!!!そして僕らがまだ会っていないファンの皆さんとライブ会場で会いたい!みんな一緒にこの曲で盛り上がれたら嬉しいです!!」と語った。