<写真>キノコホテル 2012年12月、サードアルバム『マリアンヌの誘惑』をリリース直後に超絶ベーシストのジュリエッタ霧島を迎え新装開店したキノコホテル。早くも3月に6曲入りのミニアルバムの制作に入る。今回もエンジニアには中村宗一郎、スタジオもピースミュージックでの録音となる。発売は5月1日、タイトルは『マリアンヌの逆襲』の予定。
 本作では、マリアンヌのオリジナル曲はあえて録音せず、「キノコホテルが取り上げることにより、現代においても効力のある楽曲」をチョイス。phewが在籍していた日本のオリジナルパンクのアーントサリー、東京のクラブシーン黎明期の最重要バンドとして知られる東京ブラボー、公害をテーマにした異色映画「ゴジラ対へドラ」のテーマ曲、クニ河内がカルメン・マキに書いた幻のガレージパンク曲などの楽曲が収録される予定。
 それぞれの作品が生まれた年代はばらばらだが、近年のキノコホテルの実演会でも演奏されておりパンク/ニューウェイヴ的な要素も強く、タイトル通り、アグレッシヴで濃厚なサウンドになるという。「オリジナル曲を知らない人は決して「カバーアルバム」とは呼ばないでください」(キノコホテル広報部より)とのこと。
 4月からは、<サロン・ド・キノコ~淫力魔女の生贄>という凄まじいタイトルのツアーがスタート。定期的に開催される札幌、東京、名古屋、大阪、福岡に加えて、今回は、新潟、神戸、沖縄、島根にも上陸する。勿論、新作からのナンバーも聴けることだろう。
 さらに札幌のみ、<サロン・ド・キノコ~恐怖女子高校・悶絶不良学級>という女性のみが観覧出来る特別企画も開催される。こちらは、通称「女子会」と呼ばれる通常とは異なる内容で、「教育実習生」として、キノコホテルと交流のあるネオ渋谷系シンガー野佐怜奈もゲスト参加する。