<写真>福山雅治 現在TBS系全国ネットドラマ日曜劇場「とんび」主題歌としてオンエアされている福山雅治の新曲『誕生日には真白な百合を』の着うたが1月度レコチョク月間ランキング等で1位となるなど好調だ。親を想うリアルな歌詞、切ないメロディーラインと歌声に、楽曲の支持が高まっている。
 そして早くも福山雅治CMソングとしては最新となる楽曲『Get the groove』の着うた配信が、レコチョク独占先行でスタートした。
 2011年に60万人を超える動員を記録し、たいへんな盛り上がりを見せた「FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS.TOUR 2011 THE LIVE BANG」の実施、2012年の冬には同一会場での10日間公演がソロアーティストとして史上初となる「福山☆冬の大感謝祭 其の十二」の実施など、常に新しいことに挑戦し続けている。
 今回のTVCMは、福山が実際に新CM楽曲を制作する現場に密着して撮影し、バンドメンバーとともに楽曲を完成させた後の高揚感と、その瞬間に飲む「スーパードライ」の“うまさ”をリアルに表現している。福山にとって挑戦の場ともいえる制作現場で、福山の歌声とメンバーそれぞれが奏でる音とが重なり合い、楽曲を作り上げていく過程を描くことで、演技ではない福山雅治の熱く真剣な姿を垣間見ることのできるCM作品となっている。そしてこのCMのために書き下ろしたイメージソング『Get the groove』は、「スーパードライ」CM初の全編歌詞入り楽曲となっている。
 楽曲について福山は「時代の風やムーブメントを見極めながら、ただ真っ直ぐにぶつかっていく事だけが戦い方じゃない。何かしらの外部と戦っている人、でも自分の内面とも戦っている人に伝えたい」とコメント。
 レコーディング終了後、バンドメンバーと完成の喜びを分かち合う福山の顔には常に前を見続ける真剣さと新曲完成後の達成感を見ることができたという。