<写真>福山雅治 福山雅治から2013年最初に届けられた楽曲は、TBSテレビ日曜劇場「とんび」(毎週日曜 夜9時~オンエア)のために書き下ろされた『誕生日には真白な百合を』。福山が初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品となっている。
 本人曰く「離れていても出来る愛情表現を歌にした」という言葉通り、自身の誕生日に毎年母親に花を贈っているという福山の親への感謝の気持ちが現れており、ドラマと楽曲の世界観が重なり合い、この曲が流れると胸が熱くなり涙が溢れ出す、と評判を呼んでいる。
 ドラマのスタートに合わせ配信された着うたは、レコチョク着うた2013年1月度月間1位を獲得、既に多くの支持を得ている。
 そして、6日に着うたフルが配信された。歌詞の良さに、定評のある福山であるが、今作は今まで以上にフルサイズで楽曲を聴きたい、歌詞を噛みしめたい、という要望も多く、着うたフルの配信が待たれていた。
 配信日となった2月6日は、福山の誕生日でもあり、歌詞の世界をよりリアルに感じられることだろう。