moumoonが1月21日からニューアルバム「PAIN KILLER」のリリースを記念して行っていた、ニコニコ生放送史上初の7日間連続生ライブが満月の昨日、東京タワーで無事最終日を迎え、7日間の総視聴者数も23万人を突破した。
 もともとデビュー当時から続けている毎月満月の夜の「FULLMOON LIVE」を2年ほど前からニコニコ生放送で毎月ライブ配信していたのがキッカケ。なるべく多くの人にライブを観てもらいたいmoumoonの思いと、ニコ生内でも非常に好評な彼らのライブをもっと観たいというユーザーの声が合致し、今回の7日間連続ライブが実現した。
 公式のニコニコ生放送としては史上初の試みとしてスタートしたこの企画。毎日テーマを変えCMソングDAY、カバーDAY、リクエストDAYなど普段の彼らのライブでは観ることの出来ない、非常に見応えのある内容にニコ生ユーザーも連日盛り上がりをみせ、大盛況のうちに最終日を迎えた。
 最終日のこの日は満月の夜にふさわしく東京タワーの展望台フロアから「FULLMOON LIVE」を配信。東京の夜景をバックにニューアルバム「PAIN KILLER」から6曲を披露。いつも以上に満月の夜を彩るアコースティックライブにニコ生ユーザーのテンションも最高潮に達した。
 この連続ライブの最終日を迎えるにあたりVo.YUKAは「ニューアルバムは体の内面をえぐり出すということを意識してつくりました。自分の持っているものをさらけ出してこそ、つくって良かったと思うことが多かったので、今回のアルバムはとても正直なアルバムになっています。そしてこの7日間の連続ライブもなるべく自分たちの持っているものをさらけ出そうと思いました。なのでとても正直な7日間になりました。1週間終わっちゃうのは寂しいけど、普段やったことのないチャレンジできてとっても楽しかったです!」と思いを語っている。
 そして多くのリクエストにお答えして、早くも1月30日からこの7日間連続ライブの再放送がUSTREAMにて決定した。
 2013年1月30日に約1年ぶりに発売されるニューアルバムの内容だが、CDにはキヤノン「IXY」CMソングの『Love is Everywhere』や、フジテレビ系金曜プレステージ特別企画「ドルチェ」メインテーマ「バニタス」、映画「リトル・マエストラ」主題歌「うつくしい人」、などのヒット曲を多数収録。
 DVD&Blu-rayには新たに撮り下ろした、ここでしか観れない「moumoon STUDIO LIVE 2013」(アルバム曲多数収録/約60分)と今までのmoumoonの歴史を振り返る「moumoon LIVE HISTORY」(未公開ライブも多数収録/約40分予定)を収録。さらに3本の映像作品(「緑の道(video clip)」「うつくしい人(video clip)」「PAIN KILLER (making clip)」)が収録され、約2時間の豪華な内容になっている。また昨年夏にスタートした公式ファンクラブ「月面基地」設立記念のファンクラブ限定盤もリリースされ、こちらは未公開写真満載のファンなら見逃せないスペシャルブックレット仕様になっている。