<写真>AK-69 地元名古屋「日本ガイシホール」での単独1万人規模のライブを成功させ、自身にまた一つ新たな挑戦を課すべく、昨年6月に単身でヒップホップの本場ニューヨークに制作フィールドを移したAK-69。1月9日に約2年振りのフルアルバム「The Independent King」がリリースされ、前作「THE RED MAGIC」を上回り、オリコン総合デイリーチャート2位(2013年1月9日付)を獲得した。今回のアルバムはHIPHOPの本場ニューヨークで制作されただけに、サウンドのクオリティー、そして彼のリアルなメッセージ・楽曲などに関して、前作以上に期待の高さが、今回しっかりと結果で表れているように感じる。
 彼がなぜニューヨークに制作フィールドを移したのか、その理由を彼自身はこう語る。
 「俺は自分に2つの選択肢を迫られた時、いつも自分にとってハードな道を選ぶようにしてる。答えは簡単。成し得た時、そっちのほうが価値が高いから。そして、単純に「かっこいい」だろ?俺を必要としてくれるファンのみんなは、俺の音楽性や音楽センスの向上も当然求めてると思うけど、何よりも「闘う俺の姿勢」つまり俺のドラマに何かを感じて共鳴してくれてるはず。ここまで来た今、俺が次の一手を打って出る際にまた一つ新たな挑戦を自分に課した方がいいんじゃないか?いや、課すべきだ。と、思い決心したのが今回の海外での制作だったんだ。これはガイシホールの前から考えてたんだけどね。決心に変わったよ」
 今回のアルバムはAK-69の「今」を確実に表現できており、且つ自分自身に課した「挑戦」に打ち勝つ事のできた最高のアルバムだと、彼は録り終えた後に確信していた。そうでないと、ファンに届ける価値はない、ファンに対しては誤摩化すわけにはいかない。ファンには見えない裏の裏まで筋を通して真っ向勝負を挑むことを、これからも彼はやめないと語る。
 それが故に言霊が宿るのが、AK-69の音楽の神髄。リアルなメッセージを込めて、そして命を削って紡いだこのアルバムは「自分との闘い」に真剣に挑んでいる方々に届いて欲しいと、常に自分自身と闘うAK-69の強い想いが込められている。今作「The Independent King」には、客演としてAI、ANARCHY、“E”qual、MACCHOを迎い入れ、そして本場ニューヨークで得られる刺激と共に、襲ってくる巨大なプレッシャー、新たな環境で感じるストレスとの闘いを通じて作られた渾身の全13曲となっている。
 そして、自身初となる全国Zepp TOUR「THE INDEPENDENT KING TOUR 2013」が1月23日Zepp Namba[大阪]を皮切りに全国5都市6公演がスタートする。ニューヨークで己と闘い、己に打ち勝ったニューアルバム「The Independent King」を引っさげて、さらにパワーアップしたINDEPENDENT KING、新たなAK-69が全国を駆け巡る。