<写真>MoNoLith 仙台を拠点に全国規模に活動をしているツイン・ヴォーカルV-ROCKバンド「MoNoLith」が、ニューアルバム「-mosaic-」を3月13日にリリースすることが決定した。
 この作品は2011年10月に発表された前作「BRAZEN」に続くセカンドアルバムとなる。タイトルの「-mosaic-」の由来は「モザイク」=中身が気になるモノ、想像力を掻き立てるモノ。気になる中身については聴いてからのお楽しみだが、MoNoLithらしく激しいロックあり、泣かせるバラードありの幅広い楽曲揃いとなっている。
 今回は、メイン曲のミュージック ビデオ収録のTYPE-Aとある意味「-mosaic-」の完成形といえる全13曲のTYPE-Bが同時リリース。ジャケットもA,Bの2TYPEが用意され洗練されたMoNoLithを感じさせる。
 また、このタイミングでロゴも一新され、アメリカン・カートゥーンを思わせる良質な出来になっている。2012年には2枚のシングルを発表、『MoNoLithと言えばLIVE』と言われるほど全国でライヴを行った彼等のニューアルバムは、ライブで培ったパフォーマンスの集大成とも言える作品となっている。
 1月19日には『池袋EDGE』にてワンマンライヴ、更には3月からスタートする『stylish wave CIRCUIT '13 春の嵐』にも参加が決定している。