<写真>Superfly&トータス松本 7月25日にリリースし、現在、話題となっているSuperfly&トータス松本さんのデュエットシングル「STARS」。出演したTVでは圧倒的なパフォーマンで、多くの視聴者を魅了した。iTunesでも総合1位を獲得し、好調のスタートを切っている。
 初回限定盤には、通常のミュージックビデオではなく「Special バージョン」として、デュエットソングでありオリンピックタイミングでのリリースという事で洒落で初のマペット挑戦。色々なマペットで遊んだ2人の映像が収録されている。Superfly志帆さんとトータス松本さんが、赤ちゃん~女子高生と男子高生~マラソン選手と監督~老夫婦~宇宙人…に扮し、ストーリー仕立てになっている見応えのあるミュージックビデオとなっている。
 そして、実はそのミュージックビデオにはシークレットトラックの音源で聴ける仕掛けがされている。その内容は、シークレットトラックでは、副音声でレコーディングの1テイク目を楽しめるというもの。
 「STARS」のレコーディングでは、二人が同じブースに入り、一発録りをしたレコーディングだったが、トータスさんの「よろしく!!」という声も入っており、レコーディング、ファーストテイクの緊張感、生々しさを体感できる。また、レコーディングの別テイク、しかも1テイク目が聴けるという試みはかなり珍しいもので、この「STARS」の企画ならではといえよう。
 8月2日にはフジテレビ主催の「お台場合衆国」で、トータス松本さんのライブにSuperflyが飛び入りでSTARSをパフォーマンスした。