<写真>LOVE DREAMS COME TRUEとのアリーナライブ、須藤元気さん率いるWORLDORDERとのレコーディングや、今年2月には布袋寅泰さんのバースデイギグにバンドメンバーとして参加し、さいたまスーパーアリーナで圧倒的な存在感を見せたシンガーソングライターLOVEさん。
 「音楽×映像」で表現するミュージックビデオシングルを、6作連続でリリースすることを発表した。その第1弾「ALWAYS NEW AGE」が、8月1日にiTunes Storeより配信スタートとなる。
 若手気鋭映像作家の鏡裕登とタッグを組みロンドンのストリートで撮影された色鮮やかな映像は、随所に登場するスローガンや最後の最後に記されている注意書きまで、細やかな演出は目を見張るものがある。
 パンク色の強い楽曲だが、「どの世代も切り開いてきた新時代があったんですよね。今がどれだけシビアな時期でも、いつだって新時代だと思えばやる気になる」という彼女のポジティブなメッセージを存分に楽しめる作品に仕上がった。普段はアコースティックギターがメインだが、本作ではエレキとベースも彼女自身がレコーディングしている。
 「スマホやPCにダウンロードしてもらえたら、隣の人に見える角度でよろしく!」
 世間のニュースが耳にも目にも氾濫している中、CDシングルリリースも音源のみの配信もせず、ミュージックビデオシングルとしてのリリースのみというこのスタイルで、これから毎月新たなミュージックビデオシングルを6作連続でリリースしていく。
 恐らく音楽業界でも初だろう。女性アーティストのイメージや枠に囚われない発想力で活動してきたLOVEならではの新しい試みだ。
 他にも、ERIKAさん(沢尻エリカ)や伊藤祥平さん等との詞曲共同制作等、幅広い交流を持つ彼女。TOKYO FM とFM OSAKAでは、ラジオパーソナリティとしても人気を博している。