<写真>中村舞子 弱冠21歳ながら感情表現豊かな歌声と深いメッセージ性でデジタル世代を中心に爆発的な支持を集める実力派シンガー、中村舞子さん。「恋をしていた」すべての女性に捧げる、中村さん史上最高に泣けるロストラブソングと呼び名の高い「まだ、そばにいたい」が8月1日に配信開始となった。
 ひと夏の叶わぬ恋の終わりを歌う “切ない歌詞”が注目を浴び、配信開始前にも関わらず、人気歌詞サイト「歌ネット モバイル」で連日1位を獲得するという話題ぶり。
 今作はナオトインティライミさんやBIG BANG、JAY’EDさん、福原美穂さんなど、名だたるアーティストの作詞、作曲、プロデュースを手がけるSHIKATAさん作曲の渾身のミディアムバラードで、SHIKATAさんの真骨頂である一度聞いたら耳を離れないキャッチーなメロディラインと、中村さんの描く「恋が終わる瞬間」の女性の心境をリアルに描いた詞が見事なまでにリンクし、聴く人すべての胸を締め付ける、珠玉の名曲が完成した。
 また、「まだ、そばにいたい」は中村さんが8月22日にリリースするひと夏の恋の始まりから終わりを5曲のストーリーで繋ぐコンセプトアルバム「7→9」(セブンナイン)のリードトラックで、日本テレビ系「フットンダ」の8月エンディングテーマにも決定している。