<写真>THE JAYWALK ロックバンドのTHE JAYWALK(ザ・ジェイ・ウォーク)が3年振りとなるニューアルバムを発売することが、レコード会社のヤマハミュージックコミュニケーションズより発表された。
 昨年5月に新ボーカル馬渕英将さん(32)、ドラムス青木桃子さん(24)が加入し7人編成のバンドとして新体制になり、バンド名も「THE JAYWALK」と唯一無二の存在となるようにとの意味も込め改名。
 新メンバー加入により最近は若いファンや男性の姿も増え、今年5月に行われた新国立劇場(東京)でのライブではベテランメンバーと新メンバーとのバランスも良く新旧混じり合った日本でも希有なバンドながら圧倒的な安定感に関係者からも高評価を得るなどバンドのレベルも上げてきた。
 そして、遂に3年の沈黙を経てメジャーレーベルから待望のオリジナルアルバムが発売される。アルバムタイトルの『New Born Tears』は、メンバー、ファン、そしてスタッフなど、新体制に向けた様々な人々の思いを胸に、新たな誕生へのメッセージとしボーカルの馬渕さんが名付けた。今アルバムには、バンド復活への思いの他、もう一つの思いが込められている。
 昨年他界した柳ジョージ氏が「柳ジョージ&レイニーウッド」時代に所属事務所とプロデューサーがTHE JAYWALKと同じという深い縁がある。今年、柳氏の過去の楽曲を受け継いで欲しいという家族の要望を受け、同氏を育てたプロデューサー、そして「柳ジョージ&ザ・バンド・オブ・ナイト」としてバックバンドの経験(G.知久さん、Dr.田切さん、Key.杉田さん)があるTHE JAYWALKがその意志を受け継ぎ名曲達を再び蘇らせる為アルバムに収録する事を誓った。
 メンバーの田切さんも「当時は所属事務所も育ててくれたプロデューサーも同じという事もありジョーちゃんには本当に可愛がってもらった、大先輩である彼の残した数多くある名曲を僕らが受け継いでいきたい」と話している。
 期待の高まる肝心のアルバム構成は、オリジナル曲、セルフカバー、柳ジョージ氏のカバー曲を織り交ぜた12曲入りの内容だという。収録曲の中には、知久光康さん(G)が柳氏愛用のストラトキャスターを使い演奏された楽曲も含まれるという貴重な作品となる予定。長い間この日を待ち望んだファンには貴重なメモリアル的アルバムになるのは勿論、アルバムを引っさげての今後の活動にも期待したい。
 アルバム発売の10月10日は柳氏の1周忌となり、縁の地横浜にてアルバムリリースライブを行うことも決定している。(会場:横浜BLITZ)現在、THE JAYWALKは昨年に引き続きクラブクアトロでのライブツアーを開催中、アルバム収録予定の新曲も披露している。