<写真>矢野顕子 8月8日に新作ライブベストアルバム「荒野の呼び声 -東京録音-」を発売する矢野顕子さんの、制作の裏側を伝える映像がYouTubeで公開された。
 この映像は、矢野さんのライブ演奏がなぜ素晴らしいのかを、ライブ映像・スタッフの証言やジャケット撮影現場の様子などを交え、彼女の素顔に迫ることで解き明かしていくもの。10分足らずの短い長さながら、新しいライブアルバムから垣間見ることができる矢野さんの人間性と、アーティストとしての魅力をより端的に伝える内容となっている。
 映像制作において監督をつとめたのは、5月に第21回日本映画プロフェッショナル大賞の作品賞を受賞したばかりの、映画『監督失格』で有名な平野勝之氏だ。矢野さんの大ファンである同氏は映画『監督失格』においても、主題歌に起用し、これに応えて矢野はシンプルで美しい名曲「しあわせなバカタレ」を書き下ろしている。
 今回の映像においても平野監督は、字幕によるモノローグをはさんでドキュメンタリー風に物語をつづる同氏独特の手法で仕上げており、平野氏自身の視点で矢野さんの素顔に迫る小作品としても楽しめるだろう。ライブ演奏に秘められた矢野さんの原動力、アーティスト性の本質に迫る貴重な資料となりそうだ。