<写真>LUNA SEA 『LIVE 2012‐2013 The End of the Dream』と銘打ちながらの年末・年始公演開催を発表し、音楽ファンの話題を独占しているLUNA SEA。その彼らが6月14日、前代未聞の“観客不在のライヴ”を実践した。
 これは、来たる7月8日にWOWOWにて放映されるスペシャル・プログラム、『LUNA SEA TV Special-The End of the Dream』に向けての収録を目的とするもの。同番組のコンセプトは“今までに誰も見たことがないライヴ番組”というもので、彼らがオーディエンスの一切存在しない環境下で行なったのは、去る3月にリリースされた20分超の大作シングル「THE ONE -crash to create-」と、これまでに発表されてきた各オリジナル・アルバムから1曲ずつがチョイスされた演奏メニューによるライヴ・パフォーマンス。当然ながら、「THE ONE -crash to create-」がスタジオ以外の場所で演奏されたのは今回が初ということになる。
 また、ずっと極秘にされてきた収録会場の正体は、なんと幕張メッセ・イベントホールだった。その広い空間の中央、たったこの一夜だけのために、まるで格闘技のリングのごとく設置されたステージの上で、5人はお互いを見つめるかのように中心を向きながらプレイ。実に30台を超えるカメラがそのさまを追い、過剰なほどに熱気を帯びたその収録は、日付をまたいで深夜まで続くこととなった。そして、単なるライヴ映像とも違えば、従来の音楽番組然としたものとも異なった画期的素材が収められる結果となり、その生々しくも斬新な映像の全貌は、7月8日の夜にWOWOWを通じて明かされることになる。これはまさに必見と言うしかないだろう。すでに昨夜のうちに、その収録時の模様の一部がUstreamとニコニコ生放送を通じて配信されている事実もあるが、もちろんその映像は、そのごく小さな断片のひとつでしかない。
 そして当然ながら、その先に控えているのは12月23日の大阪城ホール公演、そして来年1月の日本武道館6夜公演からなる『LIVE 2012‐2013 The End of the Dream』ということになる。“夢の終焉”という意味深長なこの公演タイトルは、果たして何を暗示しているのか? その謎を紐解いていくうえでも、この『LUNA SEA TV Special-The End of the Dream』を見逃すわけにはいかないだろう。これは文字通り、誰もまだ見たことのない5人の姿に触れることができる絶好のチャンスである。