<写真>ぱすぽ☆ 昨年デビューシングル「少女飛行」にてオリコン1位を獲得したアイドルグループ、ぱすぽ☆が祀られた神社が11日、1週間限定で建立された。
 ぱすぽ☆は「空」と「旅」をテーマとし、CA風のコスチュームを身にまとい、ファンをパッセンジャーと呼び、ライブをフライトと呼ぶなど、他のアイドルとは一線を画すコンセプトを持ったグループとして、アイドル戦国時代に唯一無二の存在となっているが、そんなぱすぽ☆と航空安全の神様として名高く、航空関連に携わる方の参拝者も多い、羽田神社【東京都大田区】のコラボレーションが実現し、羽田神社の境内に1週間限定でぱすぽ☆神社が設置されることとなった。
 6月11日に羽田神社にて抽選で選ばれた100名のパッセンジャー(ファン)の前にメンバーが登場し、除幕式を開催。メンバーが神社の除幕を行うと、ピンク色の社殿にメンバーもパッセンジャーも「可愛い!」と大喜び。
 今回、神社を建立することになった経緯は、6月13日に発売されるニューシングル「Next Flight」のプロモーションビデオをロスアンゼルスで撮影したのが、その旅があまりにトラブル続きで、旅の厄払いに羽田神社にお参りをしようとしたところ、神社のご好意でぱすぽ☆神社なるものを作り、ぱすぽ☆とパッセンジャーの皆さんの旅の安全を祈願しましょう、という企画が生まれたため。
 当日は、そのトラブルについて、イベント中にメンバーからびっくりするようなエピソードも披露された。
 渡米する飛行機が大幅に遅れたことから始まった今回の旅。ぱすぽ☆の暴走少女もりしこと森詩織が「パスポート紛失しました!」と発表すると、パッセンジャーからは「ぱすぽ☆なのに!」と突っ込みが入り、同じく、もりしは他にも帰国の際にお土産を買いすぎて没収されたり、キャプテンの根岸愛はロスで迷子になり、藤本有紀美は入国管理でパスポートと間違えて、鉄道に乗るためのPASMOを提出し、入国管理官に失笑される始末。挙句の果てにはメンバー全員、アメリカということで周りの人の体格が良いため、自分が痩せていると勘違いして、食べ過ぎて体重を増加させたり、と。神頼みをする前に個人の問題ではないか、と突っ込みを入れたくなるエピソードを連発。
 ぱすぽ☆神社にしっかりと願が届くよう、このために作ったというオリジナル絵馬を神主さんにお祓いしていただき、玉串奉奠(たまぐしほうてん:、神事に使う榊の枝を神前にささげて拝礼すること)をする時にはメンバーも神妙な表情で臨んでいた。この絵馬にメンバーも願いを書いて、神社に奉納し、集まったパッセンジャーも各々思い思いの願い事を書いてぱすぽ☆神社に参拝をしていた。
 イベントでは6月13日に発売される4枚目のシングル「Next Flight」も披露。この楽曲は世界的モンスターバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの元メンバーもレコーディングに参加したという本格的なLAメタルサウンド。閑静な羽田神社の境内に響く轟音。そのギャップが面白いライブパフォーマンスとなった。
 今作の初回限定盤A(ファーストクラス盤)、初回限定盤B(ビジネスクラス盤)をには、7月8日に日比谷野外大音楽堂で開催されるぱすぽ☆Next Flightフェスの入場パスポートという豪華な特典付き。その他にも様々な商品形態があり、ライブや握手会への参加権など、様々な特典があるのでこちらも要チェックだ。