<写真>LUNA SEA LUNA SEAが今年12月23日に大阪城ホールで、そして2013年1月には、日本武道館で6日間にわたってライヴを開催する。
 彼らの武道館公演は2000年5月の『PREMIRE OF LUNACY 2000』、そして大阪城ホール公演は、同年8月に『LUNA SEA CONCERT TOUR 2000 BRAND NEW CHAOS』の一環として行なわれた二夜公演以来、約12年以上振り。
 特に日本武道館においては、1993年に嵐で順延した初武道館公演や、アルバムLUNACY発売前に収録曲を全曲ライブで披露した『PREMIRE OF LUNACY 2000』など、ファンの間では伝説的に語り継がれている公演が行なわれてきた特別な場所であり、いうなれば東京ドームに匹敵するLUNA SEAの聖地。その場所で、2013年1月、その武道館伝説にまた新たな1ページが刻まれることになる。
 そしてこれら計7本の公演には『LIVE 2012-2013 The End of the Dream』という意味深長なタイトルが冠せられている。直訳すれば“夢の終焉”ということになるこの言葉に込められた真意は、今のところ、メンバーたちの口からは語られていない。現時点においてたったひとつ明らかなのは、彼らが年末から年始にかけての時期にLUNA SEAとして最新の“今”をステージ上で披露してくれるという事実のみである。
 かねてからオフィシャル・サイトにおいては“謎のカウント・ダウン”が始まり、ファンの間ではさまざまな憶測が飛び交っていたが、それがゼロを迎えた瞬間に解禁を迎えたのがこの情報だ。
 また、WOWOWにて、LUNA SEA特番のオンエアも決定。7月8日(日) 20:00から放送される、日曜スーパーライブ「WOWOW Presents LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream- 」は、今年メジャーデビュー20周年を迎えるLUNA SEAが、実に約12年ぶりにテレビ番組でパフォーマンス。「LUNA SEAによる、今まで見たことのないライブ番組」をコンセプトに、「観客のいないライブ収録」を決行し、関東近郊の某会場をこの番組のためだけに貸り切り、観客を1人も入れずにメンバーだけでセッションライブを行う予定だ。
 当日は、過去にリリースされたアルバムから厳選されたセットリストで収録を予定。また、テレビ番組での完全オンエアが非常に困難と思われる、12年ぶりの大作シングル「THE ONE ― crash to create ―」のパフォーマンスも予定され、こちらの初披露も番組の大きな見どころの一つと言えるだろう。