<写真>キマグレン 今年デビュー5周年メモリアルイヤーで盛り上がるキマグレンが6月6日リリースするシングル「バトン」の2曲目に収録される楽曲「I BELIEVE」がスポーツメーカーミズノのロンドンオリンピック日本代表応援プロジェクトの応援歌に決定。その詳細が発表された。
 その注目楽曲「I BELIEVE」は、オリンピック日本代表が内定しているハンマー投げの室伏広治選手、水泳の寺川綾選手との対談を経て、日本の代表として世界の舞台に挑む二人のアスリートのひたむきな姿から、「自分を信じる」というキーワードが生まれ、制作をスタート。
 室伏選手、寺川選手からキマグレンが感じたことは、周りからの期待を背負い、自分の目標と向き合い、信念ぶれずに突き進むために一番大事な気持ちこそが「自分自身を信じる」ということ。そんな熱い気持ちをキマグレンらしいポジティブに綴った歌詞に要注目だ。
 更に、この楽曲「I BELIEVE」のミュージックビデオにも室伏選手・寺川選手が出演。練習風景見学時の様子や対談の模様など、非常に貴重なシーンが満載となっており、こちらも必見。なお、この応援歌の製作過程を追った特別番組を、ミュージックチャンネルMTVで、6月11日より5回シリーズ(各5分)で放送される。
 「I BELIEVE」を聴いた、室伏広治選手は「上手くいかない時があっても、ひとつひとつ乗り越えて、目標にたどり着く-その通りだと思いました。メロディーもいいですね。練習の時とか、目標に向かっていく段階で、きっと勇気を与えてくれると思います」
 寺川綾選手は「私から何かを感じ取ってくださって、それが曲になったということに感動しています。これから、練習もすごく大変だろうけど、この曲を聴いてがんばろうと思います。ありがとうございます。感動しました」とそれぞれコメントしている。
 6月6日にはニューシングル「バトン」、そして7月11日には自身初となるベストアルバムもリリース、更に10月14日には初の日本武道館公演も決定している。